トップページ  >  各課の情報  >  商工振興課  >  工業  >  技能検定試験合格者

技能検定試験合格者

 

技能検定試験合格者の公表について

 栃木市では、「ものづくり技能者の有する技能の必要性、重要性についての理解を深めること」「技能者に対する社会的向上を図ること」などを目的に、平成22年度前期技能検定試験(特級・1級・単一等級合格者で本市在住の方及び在勤の方)から本市のホームページに掲載して、顕彰させていただいております。

 ●技能検定試験合格者は、次の皆さんです。  

平成29年度技能検定試験合格者一覧 

 【前期】   【後期】

平成28年度技能検定試験合格者一覧

【前期】    【後期】

平成27年度技能検定試験合格者一覧

【前期】     【後期】

平成26年度技能検定試験合格者一覧

【前期】     【後期】

平成25年度技能検定試験合格者一覧

【前期】     【後期】

平成24年度技能検定試験合格者一覧

【前期】     【後期】

平成23年度技能検定試験合格者一覧

【前期】     【後期】

平成22年度技能検定試験合格者一覧

【前期】     【後期】

        

技能検定とは・・・

概 要

技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する技能の国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。

技能検定は昭和34年に実施されて以来、年々内容の充実を図り、現在124職種について実施されています。技能検定の合格者は全国で300万人を超え、確かな技能のあかしとして各職場において高く評価されています。

 

職  種

機械・電気関係職種、建築関係職種、食品製造職種、サービス産業職種等の124職種の中から都道府県ごとに職種を選定し、実施されています。

 

技能検定の等級区分 

技能検定には、現在、特級、1級、2級、3級に区分するもの、単一特級として等級を区分しないものがあります。それぞれの試験の程度は次のとおりです。

 

 

   

特 級

管理者または監督者が

通常有すべき技能の程度

1級及び単一等級

上級技能者が通常有すべき技能の程度

2 級

中級技能者が通常有すべき技能の程度

3 級

初級技能者が通常有すべき技能の程度

技能検定の合格者

技能検定の合格者には、厚生労働大臣(特級、1級、単一特級)または都道府県知事(2級、3級)から合格証書が交付され、『技能士』と称することができます。

 

技能検定について詳しくは、下記にお問合せください。 

※受検申請・受検資格・試験の実施(日時、場所)等につきましては...

栃木県職業能力開発協会 電話:028−643−7002

(〒320−0032 宇都宮市昭和2−2−5 栃木県北庁舎2号館)

※合格発表・合格証書の交付(再交付)につきましては...

栃木県庁労働政策課 職業能力開発担当 電話:028−623−3234

(〒320−8501 宇都宮市塙田1−1−20)    

 

 

お問い合わせ先

商工振興課
住所:〒328-8686 栃木市万町9-25
電話:0282-21-2371
FAX:0282-21-2683
メールアドレス:syoukou@city.tochigi.lg.jp