トップページ  >  各課の情報  >  遊水地課  >  ラムサール条約  >  ラムサール条約湿地登録認定証が授与されました

ラムサール条約湿地登録認定証が授与されました

最終更新日:2015年4月21日

ラムサール条約湿地登録認定証授与式

 8月9日、環境省自然環境局長室において、渡良瀬遊水地関係の市町長に対して、自然環境局の渡邉綱男局長からラムサール条約湿地登録認定証の授与を受けました。

 これは、7月7日にルーマニアの首都ブカレストで開催されたラムサール条約第11回締約国会議(COP11)に出席できなかった4市2町(栃木市、小山市、野木町、茨城県古河市、埼玉県加須市、群馬県板倉町)に対して、環境省が認定証授与式の場を設けたものです。

 授与式で渡邉局長は「治水という大切な役割を果たしながら、貴重な動植物を育む場としてどのように守っていくかを考えてほしい」とのお言葉をいただきました。

 「渡良瀬遊水地」は英語では「Watarase Retarding Basin」と訳されますが、認定証には、「Watarase-yusuichi」と日本語読みのまま表示されています。

 市では、ラムサール条約の3つの柱である「(1)保全・再生、(2)賢明な利用(Wise Use)、(3)交流・学習」を念頭に、地域の方々や渡良瀬遊水地関係者と連携し、治水機能の確保を最優先に取り組み、環境保全との両立に努めます。

お問い合わせ先

遊水地課
住所:〒323-1104 栃木市藤岡町藤岡1788(栃木市藤岡遊水池会館内)
電話:0282-62-0919
FAX:0282-62-0922
メールアドレス:yusuichi@city.tochigi.lg.jp