トップページ  >  各課の情報  >  危機管理課  >  災害に備えて  >  自主防災組織について

自主防災組織について

最終更新日:2018年7月27日

 東日本大震災の後、自助・共助・公助という言葉をよく聞くようになりました。大災害から被害を軽減させるためには、行政機関が行う災害支援や救助活動を行う『公助』に加え、自分自身や家族を守る『自助』、地域の方々が互いに助け合う『共助』が必要になります。
 日頃発生する火災や救急は、119番通報をすると、消防車や救急車が駆けつけますが、大災害が発生した場合、広範囲で同時多発的に発生した火災や救助の全てを、消防機関等だけで対応するのは困難となります。また、個人や家庭だけで、各自がバラバラに防災活動をしてもそれだけでは効果は薄いと言えます。
 そんな時に頼りになるのが、住民自身が自発的につくる『自主防災組織』です。住民が防災活動を行うに当たり、地域住民が組織的に行動することによってその効果が最大限に発揮できます。
 

自主防災組織に関する補助制度及び設立の手引き

市では、自治会等の皆様の自主防災組織の設立や活動に対しまして、補助金を交付しております。

栃木市自主防災組織補助制度について[PDF]

栃木市自主防災組織設立の手引き[PDF]

自主防災組織に関する出前講座

市では、自治会等の各種団体に向けて、職員による自主防災組織に関する出前講座を行っています。

講座のご相談は、危機管理課または生涯学習課までお願いします。

 

生涯学習課 栃木市出前講座へのリンク 

 

講座名

自主防災組織の設立について 

内容

自主防災組織の活動内容と立ち上げ方について

申込対象 おおむね10名以上の団体・グループ・企業等

開催時間

講座時間:約60分間

平日(月〜金曜日)の9時〜21時まで  

日程は相談のうえ調整します。 

開催場所

お申込みの方が会場をご用意ください。

市内であれば、個人宅、事業所等どこでも構いません。

受講料

無料

 

お問い合わせ先

危機管理課
住所:〒328-8686 栃木市万町9-25
電話:0282-21-2551
FAX:0282-21-2675
メールアドレス:kikikanri@city.tochigi.lg.jp