トップページ  >  各課の情報  >  蔵の街課  >  重伝建係  >  伝統的建造物群保存地区(伝建地区)  >  伝統的建造物群保存地区(伝建地区)について

伝統的建造物群保存地区(伝建地区)について

最終更新日:2017年6月20日

 伝統的建造物群保存地区とは、文化財保護法で規定されている国(文部科学省)の制度であり、歴史的建造物や工作物又はそれらと一体となって町並み景観を形成している環境要素により構成されている区域について保存していくものであります。

 伝建地区の制度は、町並みが生き続けるための制度でもあることから、伝統的な町並みや集落の景観を文化財として保存すると同時に、現役の生活の舞台として整備し、次世代に伝えていこうとするものです。

 このような保存事業を行う市に対して、国は補助金などの財政的支援と技術的指導を行います。なお、地区指定には建物等に一定の制限が加わりますので、地区の皆様の理解を得ながら進めるものです。

kkkawagoe

sssawara

 

■埼玉県川越市 川越地区

 

 

 

 

 

 

■千葉県香取市 佐原地区

関連リンク

サイト内リンク用アイコン で表示されているものは、栃木市公式ホームページ内のページです。
外部リンク用アイコン で表示されているものは、外部サイトです。外部サイトは別ウインドウで開きます。

お問い合わせ先

蔵の街課
住所:〒328-8686 栃木市万町9-25
電話:0282-21-2573
FAX:0282-21-2674
メールアドレス:kuranomachi@city.tochigi.lg.jp