トップページ  >  各課の情報  >  市民生活課  >  市民生活係  >  覚えのない請求メールには、絶対に連絡しない!支払わない!

覚えのない請求メールには、絶対に連絡しない!支払わない!

 最近、覚えのない請求(架空請求)の相談が増えています。

【事例1】

 大手通信販売会社と似た名前をかたり、「会費が未納、今日中に支払わないと法的措置をとる」との内容のメールやショートメッセージが届いた。

 覚えがないのでメールに記載されていた電話番号に連絡したところ、「あなたの電話番号を使って誰かが登録したのかもしれない、払わないと裁判になり費用がもっとかかる。」と言われ、仕方なく支払うことにした。「○時までに」と言われたので、あわててコンビニエンスストアに行き、指示された電子マネーを購入し、そこに書かれた番号を伝えてしまった。

 

【事例2】

 パソコンでアダルトサイトを検索していたら、「登録完了」という画面になってしまった。登録するつもりはなかったので、画面に書かれた電話番号に連絡したところ、強い口調で「登録料金10万円を払えば取り消しになる。コンビニエンスストアで電子マネー10万円分を購入し、カード番号を教えろ。」と言われ、指示されるまま支払ってしまった。

 

 身に覚えのない料金を請求するメールやショートメッセージが届いても、無視して削除し、連絡しないようにしましょう。債権回収会社まがいの社名を名乗っていかにも正当な料金請求であるかのように思わせるものもありますが、「法的手続き」「裁判」等の言葉にあわてないでください。連絡してしまった場合でも、氏名や住所などの個人情報は伝えないでください。

栃木市消費生活センター 電話 0282−23−8899

お問い合わせ先

市民生活課
住所:〒328-8686 栃木市万町9-25
電話:0282-21-2121
FAX:0282-21-2678
メールアドレス:simin01@city.tochigi.lg.jp