トップページ  >  各課の情報  >  健康増進課  >  母子保健係  >  脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症について

最終更新日:2011年10月5日

脳脊髄液減少症とは?

 交通事故やスポーツ外傷などの体への強い衝撃により、脳脊髄液が漏れ、減少することによって、頭痛、首の痛み、めまい、吐き気、耳鳴りなどの様々な症状を引き起こす病気とされています。  

 交通事故やスポーツ外傷の後、頭痛やめまい等の症状が見られる場合には、安静を保ちつつ医療機関を受診するなどの適切な対応が大切です。  

 現在、この病気については、病気の原因を含めて医学的な解明が進められている段階であり、現時点では診断基準や治療方法が確立されていません。そのため、診療を行っている医療機関が少なく、受診できる医療機関に関する情報を得ることが困難な状況です。  

 栃木県では、県内の医療機関の協力を得て、脳脊髄液減少症の診療に関する調査を行い、ホームページにて公表していますので、ご確認ください。

                                                                            

                                                                                             健康21計画キャラクター

関連リンク

サイト内リンク用アイコン で表示されているものは、栃木市公式ホームページ内のページです。
外部リンク用アイコン で表示されているものは、外部サイトです。外部サイトは別ウインドウで開きます。

その他のお問い合わせ先

     健康増進課:TEL25−3512 〒328−0027 栃木市今泉町2丁目1番40号(栃木保健福祉センター内)
   大平総合支所健康福祉課:TEL45−1788 〒329−4421 栃木市大平町西野田666番地1(大平健康福祉センターゆうゆうプラザ内)
    藤岡総合支所健康福祉課:TEL62−0904 〒323−1192 栃木市藤岡町藤岡1022番地5   
    都賀総合支所健康福祉課:TEL29−1103 〒328−0192 栃木市都賀町家中5982番地1
    西方総合支所健康福祉課:TEL92−0311 〒322−0692 栃木市西方町本城1番地