トップページ  >  各課の情報  >  農業振興課  >  農政係  >  農政係 事業のご紹介  >  栃木市体験型就農事業「農業インターンシップ」

栃木市体験型就農事業「農業インターンシップ」

最終更新日:2018年3月29日

1.特徴

農業インターンシップチラシ1

農業インターンシップチラシ2

農業を始めたいのだけれども、何から始めたら良いのかわからない。  

栃木市では、実際にさまざまな品目の農業体験をしてもらうことで、農業に対するイメージをつかみ、農業をやってみたい!

と思ってもらうだけでなく、その後、農家として農業を営めるよう市を挙げてサポートしていこうという試みを始めました。

栃木市在住の農業士の皆様の指導の下、参加希望者が楽しく参加できるよう、希望をお聞きして、マッチングします。

また、インターンの最中は、ぜひ、栃木市定住促進施設「蔵の街やどかりの家」を利用いただき、栃木の蔵の街並みを知ってもらいたいと思います。

2.栃木市ってどんなところ?

平成の大合併により1市5町が合併した栃木市ですが、栃木県の南部に位置し、歴史のある街並みから、自然豊かな景観まで、色とりどりの景色を醸しだしてます。都心から約90kmの距離にあり、東北自動車道と北関東自動車道の2つの高速道路が交差するなど、交通アクセスにも優れております。栃木県から遠方な方には意外な印象になるかもしれませんが、気候も年間平均気温が約14℃と温暖で冬場の日照時間が長く、ほとんど降雪はないなど、農業を営むのみ最適な気候といえます。

農業においては、1万haを超える農地に米・麦などを中心とした土地利用型農業に加え、いちご、トマト、にら、ぶどうなど施設園芸作物の栽培も非常に盛んです。

中でも、ビール麦となる二条大麦の産出額は全国1位、いちごの作付面積は全国5位と農業大市です。 

二条大麦スカイベリー

3.体験プログラムと対象

(1)農作業体験コース(初心者向け)

 ⇒ 希望の作物を選んでいただき、実際に作業体験してもらうコースです。

(2)農業経営取得コース(中・上級者向け)

 ⇒ 経験豊富な農業士の下、収益の上げ方を習うなど、経営のノウハウを取得してもらうコースです。

(3)農業技術取得コース(上級者向け)

 ⇒ 経験豊富な農業士の下、作物の栽培技術指導を受けてもらうコースです。

 

以上3つのコースから選んでいただきます。

 

なお、対象は18歳以上40歳以下のやる気のある方です!

4.スケジュール

 

(1)募集期間 平成30年3月30日(金)まで

(2)体験スケジュール 平成30年4月1日(日)から平成31年3月31日(日)までの間で、マッチングした7日間

5.費用及び申込書等

◎費用

 ・研修費:無料

 ・宿泊費:「蔵の街やどかりの家」宿泊費相当額の補助

 ・栃木市までの交通費:自己負担

 ・その他:宿泊地と研修地の往復用のレンタカーを無償貸与。

      食費、保険料、その他雑費は自己負担。


ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

問い合わせはこちらをクリック

○体験型就農事業参加申込書 (エクセル)

体験型就農事業協力農家一覧 (PDF)

○宿泊補助金交付要綱(PDF)

宿泊補助金交付申請書 (PDF)

宿泊補助金交付請求書 (PDF)

 

その他、定住補助などは下記リンクをご覧ください。

関連リンク

サイト内リンク用アイコン で表示されているものは、栃木市公式ホームページ内のページです。
外部リンク用アイコン で表示されているものは、外部サイトです。外部サイトは別ウインドウで開きます。

お問い合わせ先

農業振興課
住所:〒328-8686 栃木市万町9-25
電話:0282-21-2381
FAX:0282-21-2680
メールアドレス:nourin@city.tochigi.lg.jp