ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

災害時における避難所での感染症対策について

印刷 大きく印刷 更新日:2020年7月1日更新
<外部リンク>

避難所における新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念される状況において、災害が発生し避難所を開設する場合は、避難所の3蜜(密閉・密集・密接)の回避や、衛生対策の徹底、発熱・咳等の症状が出た方への対応など感染症対策に万全を期すことが重要となります。

そこで、市では避難所開設における感染リスクを可能な限り低減するため、避難所運営に関する指針を定めました。ご理解とご協力をお願いします。

感染症蔓延時の避難所について

災害時には断水により手指の流水洗浄ができず、また、避難所など密集した環境下での集団生活等により、ノロウイルス等による感染性胃腸炎やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどの感染拡大のリスクが高まります。

平時から、各自が新型コロナウイルス等の感染症が蔓延しているときに地震、風水害が起きたらどうなるのか、事前準備及び災害時の対応方法を考えておくことが重要です。

自身が感染症にかからないよう、また、人に感染症をうつさないよう感染症対策に努めましょう。

避難を検討している方へ

  • 「避難」とは「難」を「避」けることであり、土砂崩れや洪水などの恐れがなく、自宅での安全確保が可能な場合は、感染リスクを負ってまで避難場所に行く必要はありません。本当に避難場所に行く必要のある方を、適切に受け入れられるようご協力ください。
  • 自宅が危険な場合も、避難先は市指定の避難場所だけではありません。安全な親戚・知人宅に避難できるよう、あらかじめ連絡を取るなどのご協力をお願いします。

避難の際の持ち物

市の備蓄品にないものや数に限りもあることから、自分の必要なものは自分で用意し持ってくるようお願いします。

大規模災害の発生直後は、ライフライン等への被害により救援物資がすぐに届かないことも考えられます。非常時に備え、水や食料品といった生活するために必要な物資を最低3日分備蓄しましょう。

また、ご自宅で用意している災害用備蓄品に加え、マスクなどの感染症対策物資を持ってくるようお願いします。

≪感染症対策としてお持ちいただきたい物≫

  • マスク(鼻や口を覆うハンカチなど)
  • アルコール消毒液(ウエットティッシュなど)
  • 体温計

   ※ 感染症対策物資については、避難所でも準備いたしますが、ご協力をお願いします。

平時に確認しましょう

ハザードマップで自宅の位置を確認し、どんな危険があるのか考えておきましょう。自宅での安全確保が可能か確認しましょう。

(風水害時)避難場所に事前避難する必要があるのか確認しましょう

フローフロー参考情報

      (出展:内閣府防災ホームページ)

避難所の感染症対策

手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

避難者や、避難所運営に関わる人は、断水等の影響がない場合、頻繁に手洗いするとともに、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底しましょう。避難をされた方は、マスクの着用を徹底してください。

避難場所の衛生環境の確保

物品等は定期的に、また、目に見える汚れがあるときは、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、避難場所の衛生環境をできる限り整えましょう。
市の備蓄品にも限りがあります。水害時、事前に避難する際は、自分の必要なものは自分で用意して持っていきましょう。なお、その際、必要な物品を持っていけるよう時間に余裕をもって、降雨が激しくなる前に避難を完了させてください。

十分な換気の実施、スペースの確保等

避難場所内は十分な換気に努めるとともに、避難者が十分なスペースが確保できるよう注意します。
避難者の方々にも換気の協力と、避難の本当に必要な方が避難場所に行けるよう配慮をお願いいたします。

発熱、咳等の症状が出た方のための専用のスペースの確保

発熱、咳等の症状が出た方は、専用のスペースを確保します。できる限り個室にするとともに、専用のトイレを確保するように努めます。症状の出た方の専用のスペースやトイレは、一般の避難者とはゾーン、動線を分けますのでご協力ください。

関連情報リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)