ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年度 子育て世帯プラスサポート給付金

印刷 大きく印刷 更新日:2020年7月29日更新
<外部リンク>

子育て世帯プラスサポート給付金(栃木市独自支援事業)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取組の一つとして、市独自の事業として一世帯につき1万円を支給いたします。

対象者の方に、令和2年7月28日(火曜日)に「栃木市子育て世帯プラスサポート給付金のお知らせ」はがきを送付いたしました。
子育て世帯プラスサポート給付金お知らせはがきイメージデータ

申請について

申請は不要です。

ただし、以下の(1)~(4)のいずれかに該当する場合は、栃木市で振込先口座を把握していないため、「子育て世帯プラスサポート給付金振込口座指定届」の提出が必要です。

栃木市子育て世帯プラスサポート給付金振込口座指定届 [PDFファイル/151KB]

(1)児童手当の受給者が公務員で、子育て世帯への臨時特別給付金の申請書を栃木市役所子育て支援課に提出していない場合

子育て世帯への臨時特別給付金(栃木市役所ホームページ) /site/covid19/26680.html

(2)平成17年4月2日以降に生まれた児童がいる世帯で同一世帯に児童手当の受給者がいない(受給者と別居している)場合


例)
父:単身赴任で栃木市以外の市区町村に住民登録があり、居住市区町村で児童手当を受給している。
母:栃木市に住民登録があり、対象児童と同一世帯。栃木市を生活の本拠としている。
対象児童:栃木市に住民登録があり、母と同一世帯。栃木市を生活の本拠としている。
→この例の場合、栃木市に居住している母の口座登録が必要です。  
  
(3)令和2年4月以降に栃木市に転入し、児童が令和2年6月30日時点で栃木市内に住民登録がある場合で児童手当の受給手続きを行っていない方

(4)令和2年4月以降に第1子が出生し、児童が令和2年6月30日時点で栃木市内に住民登録がある場合で児童手当の受給手続きを行っていない方

支給対象

令和2年6月30日時点で栃木市に住民登録されている中学生(平成17年4月2日以降生まれ)以下の子どもがいる世帯

支給額

対象一世帯あたり、1万円。

※給付は1回限りです。

※同一世帯に児童手当の受給者が複数人いる場合は、それぞれ支給します。

支給時期

令和2年8月26日(水曜日)を予定しています。

受給の辞退ついて

子育て世帯プラスサポート給付金の受給を辞退する場合は、令和2年8月11日(火曜日)までに受給拒否の届出書を提出してください。

栃木市子育て世帯プラスサポート給付金受給拒否の届出書 [PDFファイル/82KB]

詐欺にご注意ください

案内が届かなかったときや口座振込不能等で振込ができなかったとき等は、栃木市から問合せを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや支給のための手数料等の振込を求めることは絶対にありません。

もし不審な電話やメール等があった場合は、すぐに最寄りの警察にご相談ください。

お問い合わせ先

  子育て支援課 (本庁)  2階2A-6番窓口   Tel:0282-21-2222

  〒328-8686 栃木市万町9番25号

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)