ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症【栃木市の情報】 > 予防・相談・受診 > 予防 > > 新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

印刷 大きく印刷 更新日:2022年5月27日更新
<外部リンク>

Foreign language

栃木市ワクチン接種 最新情報

追加接種(4回目接種)

追加接種(3回目接種)

初回接種(1・2回目接種)

その他

目次

追加接種(4回目接種)について

3回目接種後のワクチンの有効性の持続期間や、4回目接種の有効性・安全性に関する知見、諸外国における対応状況等を踏まえ、新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化予防を目的として実施いたします。

接種対象者

3回目接種を終えた方で、下記に該当する方

  • 60歳以上の方
  • 18歳以上60歳未満で基礎疾患のある方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方(以下「基礎疾患と有する方等)
接種間隔

3回目接種後、5ヶ月以上経過

接種時期

令和4年5月25日〜令和4年9月30日

※3回目接種日が基準となるため、追加接種(4回目接種)が可能になる日は各個人異なります。

ワクチンの種類・接種回数・接種費用
ワクチンの種類

3回目までに接種したワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社または武田/モデルナ社ワクチン)を使用します。

接種回数・費用

1回/無料

接種方法

市が実施する集団接種や医療機関で接種する個別接種などがあります。必ずしも3回目までと同じ接種方法を選択する必要はありません。なお、個別接種を行う医療機関では、かかりつけ患者や1〜3回目接種までを受けた方を優先する医療機関もあります。

市集団接種

栃木市ワクチン集団接種会場および地域別会場を開設します。
※市集団接種の日程については、決定次第お知らせいたします。

個別接種

4回目接種を実施する市内の医療機関については、決定次第お知らせいたします。

接種券の発送
3回目接種完了日から5か月経過後に発送しています。
  • 栃木市では4回目接種券を3回目接種完了日から5ヶ月後に発送しています。同じ月に受けた方、同年代、同一世帯でも、接種券が届く時期は異なります。
  • 接種券を受け取った方は、接種の予約をすることができます。
「基礎疾患を有する方等」が接種券を受け取るには、別途申し込みが必要です。

「基礎疾患を有する方等」の4回目接種券発行申し込みについてはこちら

3回目接種後に転入された方・海外から帰国された方

他の自治体で発行された接種券を用いて3回目の接種を受けた場合や海外で接種を受けて、栃木市に転入してきた方は、4回目接種券発送にあたっては改めて申し込みが必要です。

転入者・海外からの帰国者の接種券についてはこちら

「予診のみ」になった方

追加接種(4回目接種)の際に「予診のみ」となり接種を受けられなかった方で、再度接種を希望する場合は接種券を再発行する必要があります。

接種券の再発行についてはこちら

 

追加接種(3回目接種)について

1・2回目のワクチン接種を終えてから、時間の経過とともに、全ての年代において感染予防効果が低下すること、高齢者においては重症化予防が低下する可能性を示す報告があることなどを踏まえ、追加接種(3回目接種)を行います。

接種対象者

2回目接種を終えた12歳以上の方

接種間

2回目接種後、5ヶ月以上経過

接種時期

令和3年12月1日〜令和4年9月30日

※2回目接種日が基準となるため、追加接種(3回目接種)が可能になる日は各個人異なります。

ワクチンの種類・接種回数・接種費用
ワクチンの種類
  • 18歳以上の方 : 1・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社または武田/モデルナ社ワクチン)を使用します。
  • 12歳~17歳の方 : ファイザー社ワクチンを使用します。
接種回数・費用

1回/無料

接種方法

市が実施する集団接種や、医療機関や入所施設で接種する個別接種などがあります。必ずしも1・2回目と同じ接種方法を選択する必要はありません。なお、個別接種を行う医療機関では、かかりつけ患者や1・2回目接種を受けた方を優先する医療機関もあります。

市集団接種

栃木市ワクチン集団接種会場および地域別会場を開設します。
詳しくは追加接種(3回目接種)の市集団接種の実施をご覧ください。

個別接種

市内の医療機関でワクチン接種を希望する際は、追加接種(3回目接種)市内個別医療機関一覧をご覧ください。

その他
  • 職域接種・・・企業や大学等の所属先に直接ご確認ください。
  • 国や県の大規模接種会場・・・国や県が発信する情報をご確認ください。
接種券の発送
年齢に関係なく、2回目接種完了日から5か月経過後に発送しています

接種券には「3回目接種が可能になる日」として2回目接種日から8か月経過の日付が記載されていますが、接種間隔は5か月になっています。
そのため、接種券を受け取った方は、記載の日付に関わらず、接種の予約などをすることができます。

接種券

栃木市民の方

接種券は、2回目接種日から5か月経過後に順次発送します。
同じ月に受けた方、同年代、同一世帯でも、接種券が届く時期は異なります。

2回目接種後に転入された方・海外から帰国された方

他の自治体で発行された接種券を用いて2回目の接種を受けた場合や海外で接種を受けて、栃木市に転入してきた方は、3回目接種券発送にあたっては改めて申請が必要です。

転入された方・海外から帰国された方の接種券発行申し込みについてはこちら

「予診のみ」になった方

追加接種(3回目接種)の際に「予診のみ」となり接種を受けられなかった方で、再度接種を希望する場合は接種券を再発行する必要があります。

接種券の再発行についてはこちら

 

初回接種(1・2回目接種)について

小児接種については、小児接種(5歳~11歳)のご案内をご覧ください。

「接種券」は、対象となる全ての世代に発送済みです

令和3年7月21日までに、対象となるすべての世代に接種券を発送しました。

  • 12歳を迎える方は、誕生日の翌月の初めごろに発送いたします。
  • 転入された方は、接種券の発行申請を行ってください。

転入された方の接種券発行申し込みについてはこちら

内容をご確認のうえ、接種の予約を行ってください。​

個別接種(市内医療機関)のご案内

市内の医療機関にてワクチン接種を希望する方は、初回接種(1・2回目接種)市内個別医療機関一覧をご覧ください。

 

 国や県の大規模接種会場のご案内

お手元の接種券に記載の照会番号で追加接種(3回目接種)の予約ができます。

なお、国や県の大規模接種会場で接種をうける場合、住所地外接種のお手続きは必要はありません。

栃木県の大規模接種会場

県営の接種会場(とちぎワクチン接種センター)が設置されます。

使用ワクチン

武田/モデルナ社ワクチン

対象者

2回接種を完了し、追加接種を希望する18歳以上で、追加接種(3回目接種)の接種券等をお持ちの方

  (1・2回目にモデルナ社ワクチン以外のワクチンを接種した方の交互接種も実施)

会場

詳細については、栃木県のホームページ<外部リンク>をご確認ください。

国の大規模接種会場

自衛隊による大規模接種会場が設置されます。

詳細については、防衛省・自衛隊のホームページ<外部リンク>をご確認ください。

 

接種券再発行・住所地外接種・ワクチン接種証明書

接種券の再発行

接種券を紛失された方・お手元に接種券が届いていない方は再発行の手続きが必要です。

接種券の再発行についてはこちら

住所地外接種

原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、事前に申請をすることで、居住先にて接種を受けることができます。
前回の接種で提出していても新たに接種を希望する場合、その都度申請が必要です。
なお、国や県の大規模接種会場で接種をうける場合、住所地外接種のお手続きは必要はありません。

住所地外接種のお手続きについてはこちら

国や県の大規模接種会場についてはこちら

ワクチン接種証明書

海外渡航を予定している方や国内での利用を予定している方は、申請をすることによりワクチン接種証明書の発行を受けることができます。

※国内での利用については、接種時にお渡ししている「接種済証」または「接種記録書」をもって、ワクチン接種済みであることを示すことができます。改めて国内用のワクチン説明書を取得する必要はありません。

ワクチン接種証明書のお手続きについてはこちら

 

ワクチン接種その他ご案内

 ・新型コロナウイルスワクチン接種の基本情報
 ・新型コロナウイルスワクチン接種Q&A
 ・新型コロナウイルスワクチン接種の相談・問い合わせ

 

栃木市のワクチン接種ご案内動画

(1) 接種券と予診票、予約方法

 

(2) 予約の手順・接種当日の準備

 

聴覚に障がいのある方の予約方法・接種当日の手話通訳など