ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症【栃木市の情報】 > 予防・相談・受診 > 予防 > > 新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

印刷 大きく印刷 更新日:2021年5月17日更新
<外部リンク>

ワクチン接種 最新情報

65歳以上の方のワクチン接種の詳細情報はこちら

【65歳以上 集団接種】次の予約開始日は5月20日(木曜日)です

次回の集団接種の 予約受付を 20日(木曜日)より開始します。
今回の予約受付は
「1回目の接種日が6月7日(月曜日)以降」の分です。


インターネット予約と電話予約にて受付します。市役所の窓口では予約の受付を行っていません。
予約受付開始時間が、インターネット予約電話予約で異なりますのでご注意ください。

予約の人数はインターネット予約と電話予約とで別々に設定しています。インターネット予約のみで定員に達することはありません。
 

インターネット予約

 20日(木曜日)午前時から

こちらの「集団予約受付サイト」<外部リンク>からご予約ください
集団接種予約サイトでの予約方法は、こちらの動画<外部リンク>を参考にしてください。

※予約受付に向けた準備作業のため、5月19日(水曜日)午後6時から5月20日(木曜日)午前8時まで、予約の確認及び取り消し以外の機能を停止します。
 

電話予約

  20日(木曜日)午前時から

予約電話番号 0282-21-2418
(栃木市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター)
※番号をお間違えのないようご注意ください。
 

【65歳以上 集団接種] 集団接種日程(5月20日予約受付開始分)

集団接種日程(5月20日予約受付開始分)

1回目の接種日

2回目の接種日 接種会場
6月7日(月曜日) 6月28日(月曜日) 栃木保健福祉センター
6月9日(水曜日) 6月30日(水曜日) 北部健康福祉センター
6月10日(木曜日) 7月1日(木曜日) CITY GYM&SPA 遊楽々館
6月12日(土曜日) 7月3日(土曜日) 大平健康福祉センター
6月13日(日曜日) 7月4日(日曜日) 大平健康福祉センター
6月15日(火曜日) 7月6日(火曜日) 北部健康福祉センター
6月17日(木曜日) 7月8日(木曜日) 栃木保健福祉センター
6月18日(金曜日) 7月9日(金曜日) 北部健康福祉センター
6月19日(土曜日)※ 7月10日(土曜日)※ CITY GYM&SPA 遊楽々館
6月20日(日曜日) 7月11日(日曜日) CITY GYM&SPA 遊楽々館
6月22日(火曜日) 7月13日(火曜日) 大平健康福祉センター
6月24日(木曜日) 7月15日(木曜日) 大平健康福祉センター
6月25日(金曜日) 7月16日(金曜日) 栃木保健福祉センター
6月26日(土曜日)※ 7月17日(土曜日)※ 大平健康福祉センター
6月27日(日曜日) 7月18日(日曜日) 藤岡保健福祉センター
6月29日(火曜日) 7月20日(火曜日) 藤岡保健福祉センター
7月1日(木曜日) 7月22日(木曜日) 栃木保健福祉センター
7月2日(金曜日) 7月23日(金曜日) CITY GYM&SPA 遊楽々館
7月3日(土曜日)※ 7月24日(土曜日)※ 栃木保健福祉センター
7月4日(日曜日) 7月25日(日曜日) 栃木保健福祉センター

【接種時間】10時~12時/14時~18時(時間内で20分毎に区切って予約)
 
 ※14時~18時のみの実施です

 

 

【65歳以上 個別接種】とちぎメディカルセンターの予約

  とちぎメディカルセンターしもつが の接種は6月下旬の開始を予定います。

予約受付は6月3日(木曜日)午前9時からです。

予約電話番号 0282-21-2418
(栃木市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター)

※予約は、栃木市のコールセンターの電話受付のみです。
メディカルセンターの電話や窓口での受付は行っていません。

 ※とちぎメディカルセンターとちのきでの予約開始は現在調整中です。日程が決まり次第、市ホームページ等でお知らせします。

 

栃木市のワクチン接種ご案内動画

(1) 予防接種券と予診票、予約方法

 

(2) 予約の手順・接種当日の準備

 

聴覚に障がいのある方の予約方法・接種当日の手話通訳など

 

 

 

栃木市の新型コロナウイルスワクチン接種

 新型コロナウイルスワクチンを接種することで、感染症の発症や重症化を予防し、更に多くの方が接種を受けることで感染症のまん延を防止することが期待されています。

目次

 

接種対象者とスケジュール

対象

栃木市に住所を有する16歳以上の方(原則、住民票所在地での接種)

   住民票所在地外での接種を希望される方はこちらをご確認ください

接種費用

無料(全額公費負担)

接種スケジュール

接種順位1 65歳以上の方(特別養護老人ホームに入所されている方)

    接種時期 4月20日~

    ※4月上旬に「予防接種券」と「予診票」を発送しています。

接種順位2 65歳以上の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

    接種時期 5月22日~

    ※4月21日、22日にかけて「予防接種券」と「予診票」を発送しています。

    「65歳以上の方 新型コロナウイルスワクチン接種のご案内」をご覧ください。

接種順位3 「基礎疾患を有する方」「高齢者施設等に従事している方」「60歳~64歳までの方(昭和32年4月2日から昭和37年4月1日生まれ)」

ワクチンの供給量などを踏まえ、順次、予防接種券・予診票の発送や、接種を進めていきます。
基礎疾患を有する方の詳細はこちら [PDFファイル/50KB]
高齢者施設等の詳細はこちら [PDFファイル/34KB]

接種順位4 上記以外の方

ワクチンの供給量などを踏まえ、順次、予防接種券・予診票の発送や、接種を進めていきます

 

接種の流れ

(1)「予防接種券」「予診票」の受け取り

接種当日に必要です。お手元に届いたら大切に保管ください。

65歳以上の方

すでに発送済です。届かない場合は、栃木市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターへご連絡ください。

64歳以下の方

ワクチンの供給量などを踏まえ、順次発送します。

(2)接種の時期を確認する

接種順位により接種の時期が異なります。このページや広報紙などで随時お知らせしますので、ご自身の接種時期について、最新の情報を確認ください。

(3)接種の場所、日時を確認する

 予防接種券・予診票には接種のスケジュールや会場は同封されていません。

個別接種を希望する方

希望する医療機関にお問い合わせください。

※とちぎメディカルセンターしもつが、とちぎメディカルセンターとちのきでの接種を希望される方は、栃木市コールセンター(電話番号0282ー21ー2418)にお問い合わせください。

集団接種を希望する方

このページや広報紙などで随時お知らせする接種スケジュールにより、接種会場や日時をご確認ください。

(4)接種の予約をする

個別接種を希望する方

希望する医療機関へ問い合わせ

※とちぎメディカルセンターしもつが、とちぎメディカルセンターとちのきでの接種を希望される方は、栃木市コールセンター(電話番号0282ー21ー2418)にて予約を受け付けます。

集団接種を希望する方

電話(栃木市コールセンター TEL 0282-21-2418 )または インターネット予約

(5)1回目の接種当日

 持ち物や服装など、下記の事項や予防接種券などに同封されているチェックシートなどをよくご確認いただき、接種会場におこしください。

接種当日の必要な持ち物

 ・予防接種券
 ・予診票(必ず事前に記入をしてからお越しください)
 ・身分証明書(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、パスポート等)
 ・おくすり手帳(お薬を内服している方)
 ・眼鏡(必要な方)

接種当日の確認事項

 ・予約場所と日時が正しいか
 ・体調が良好であるか
 ・上着の下に半袖シャツを着るなど、肩を出しやすい服装をしているか
 ・上記の必要な持ち物を持っているか

接種後の注意

 接種後は体調確認のため、経過観察として15~30分滞在していただきます。接種後に軽い副反応が起きることがありますので、接種後の予定には余裕を持ちましょう。

(6)予防接種済証を保管する

 1回目の接種の際、予防接種券と同じ台紙に「予防接種済証」を貼付します。
 2回目の接種の際に必要ですので、大切に保管してください。

(7)2回目の接種当日

 1回目の接種と同様の流れで接種を受けてください。
 ワクチンは2回接種することで効果が得られるため、忘れずに受けてください。

(8)2回目の接種後

 2回の接種後、十分な効果が出るまでには数週間かかると言われています。
 接種後も感染するリスクや発症するリスクはゼロではないため、引き続き感染予防対策をお願います。

 

ワクチン接種Q&A

ワクチンと効果、副反応のリスク

ワクチンの種類・接種回数は?

 薬事承認されているファイザー社製のワクチンから接種を行います。
 1回目の接種後、3週間の間隔をあけて再度接種し、合計2回接種します。

ワクチンの効果は?

 ワクチンを接種することで、感染症の発症を予防し、重症化を防ぐ効果が認められています。
 また、多くの方が接種することで、感染症のまん延を防ぐことが期待されています。

 【厚生労働省】新型コロナワクチンの有効性・安全性について<外部リンク>

副反応のリスクがあると聞きました

 他の予防接種と同様、以下のような副反応が起こることがあります。
  ・接種部位の痛み、頭痛、筋肉や関節の痛み、疲労、悪寒、発熱 など
   ※ごくまれに重大な副反応「アナフィラキシー」が起こると報告されています。

 体調に配慮し、持病やアレルギーのある方、不安のある方は事前にかかりつけ医に相談してください

 

接種への不安やリスク

持病やアレルギーがあり不安です

事前にかかりつけ医に相談をしてください
持病やアレルギーのある方が接種を希望する場合、事前に相談をし、体調を考慮した上で接種を受けることをおすすめします。

妊娠中や授乳中でも接種はできますか?

  妊娠中や授乳中の方も接種を受けることは可能ですが、主治医とご相談ください。
  里帰り中の接種につきましては、住民票所在地外での接種方法をご確認ください。
 
  <妊娠中や授乳中の方の接種について>
  【厚生労働省】新型コロナワクチンについてのQ&A<外部リンク>
  【首相官邸配信動画】新型コロナワクチンについて<外部リンク>

接種の手続きや場所

「予防接種券」と「予診票」を失くしてしまったら?

予防接種券は接種の際に必ずに必要ですので、再発行が必要です。
再発行の手続きはこちらをご確認ください

市外の医療機関で接種はできるの?

条件によって可能な場合があります
以下の項目に該当する方は可能です。原則、接種を希望する医療機関が所在する市町村へ届出をする必要があります。
事前に「住所地以外で接種する届出」をすることで接種できる方
・単身赴任者
・下宿している学生
・出産のために里帰りしている妊産婦
届け出が不要な方
・入院・入所している方
・基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種する場合
・災害により被害にあった方

健康被害救済制度

ワクチン接種で健康被害にあった場合、補償はあるの?

  一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。  
  新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
     現在の救済制度の内容<外部リンク>

 

詐欺に注意

行政機関等をかたった”なりすまし”にご注意ください

 接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が、消費生活センターへ寄せられています。
 市や市職員がワクチン接種のために、金銭や個人情報を電話やメールで求めることはありませんので、ご注意ください。
【消費者庁】新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!<外部リンク>

 

相談・問い合わせ

集団接種の予約・キャンセル、手続きなどの一般的な相談

栃木市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話番号:0282ー21ー2418
受付時間:9時~17時(土日祝日を含む)

日本語以外の相談(にほんごいがいのそうだん)

以下(いか)の日程(にってい)で、日本語(にほんご)がむずかしい方(かた)にも
対応(たいおう)しております。

受付時間(うけつけじかん):13時(じ)~17時(じ)

通訳可能日(つうやくかのうび)
  5月(がつ) 6月(がつ) 7月(がつ)
English
えいご
13日、18日、27日 3日、10日、17日、24日 1日、8日、15日、29日
中文
ちゅうごくご
4日、18日 2日、16日、30日
Español
すぺいんご
14日、28日 9日、25日 9日 

ワクチンの効果、副反応など専門的な相談

栃木県受診・ワクチン相談センター
電話番号:0570ー052ー092 
受付時間:9時~21時(土日祝日を含む)

厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター
電話番号 0120−761ー770(フリーダイヤル)
受付時間:9時~21時(土日祝日を含む)

聴覚障がい等のある方の相談窓口

 栃木県では、聴覚等に障がいのある方で、電話でのご相談が難しい方に対する相談事業を行っています。
 FAX相談票に相談内容をご記入の上、下記の番号までFAXを送信してください。
 
 聴覚障がい等のある方のFAX相談票 [PDFファイル/61KB]
  
 ≪栃木県相談窓口≫
  ・平日(月~金)8時30分~20時
   FAX番号:028ー623ー3052
    
 ・平日20時~8時30分、土日祝日
    FAX番号:028ー623ー2527

ワクチン接種に関する国や県の情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

予防・相談・受診
栃木県の対応・方針など