ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症【栃木市の情報】 > 予防・相談・受診 > 予防 > > 新型コロナウイルスワクチン接種Q&A

新型コロナウイルスワクチン接種Q&A

印刷 大きく印刷 更新日:2021年9月24日更新
<外部リンク>

ワクチン接種Q&A

ワクチンの効果は?

 ワクチンを接種することで、感染症の発症を予防し、重症化を防ぐ効果が認められています。
 また、多くの方が接種することで、感染症のまん延を防ぐことが期待されています。

 【厚生労働省】新型コロナワクチンの有効性・安全性について<外部リンク>

副反応のリスクがあると聞きました

 他の予防接種と同様、以下のような副反応が起こることがあります。
  ・接種部位の痛み、頭痛、筋肉や関節の痛み、疲労、悪寒、発熱 など
   ※ごくまれに重大な副反応「アナフィラキシー」が起こると報告されています。

 体調に配慮し、持病やアレルギーのある方、不安のある方は事前にかかりつけ医に相談してください。

持病やアレルギーがあり不安です

 事前にかかりつけ医に相談をしてください。
 持病やアレルギーのある方が接種を希望する場合、事前に相談をし、体調を考慮した上で接種を受けることをおすすめします。

妊娠中や授乳中でも接種はできますか?

  妊娠中や授乳中の方も接種を受けることは可能ですが、主治医とご相談ください。
  里帰り中の接種につきましては、住民票所在地外での接種方法をご確認ください。
 
  <妊娠中や授乳中の方の接種について>
  【厚生労働省】新型コロナワクチンについてのQ&A<外部リンク>
  【首相官邸配信動画】新型コロナワクチンについて<外部リンク>

接種券(クーポン券)を失くしてしまったら?

 接種券(クーポン券)は接種の際に必要となりますので、再発行をお願いします。
 再発行の手続きはこちらをご確認ください

市外の医療機関で接種はできるの?

 条件によって可能な場合があります。
 原則、接種を希望する医療機関が所在する市町村へ届出をする必要があります。
 住所地外接種の手続きはこちらをご確認ください

他の予防接種との接種間隔は?

新型コロナウイルスワクチンの接種前および接種後に、他の予防接種を行う場合においては、原則として13日以上の間隔を空ける必要があります。また、他のワクチンとの同時接種はできません。

ワクチン接種で健康被害にあった場合、補償はあるの?

  一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。  
  新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
     現在の救済制度の内容<外部リンク>