ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生涯学習・文化・スポーツ > 文化 > 文化芸術施設等整備事業 > > (仮称)文化芸術館・文学館 整備工事について

(仮称)文化芸術館・文学館 整備工事について

印刷 大きく印刷 更新日:2020年9月4日更新
<外部リンク>

(仮称)文化芸術館・文学館とは

”歴史””文化””芸術”のまちづくりの拠点として、市役所本庁舎の跡地に”(仮称)文化芸術館”と”(仮称)文学館”を整備します。

〇(仮称)文化芸術館とは … 本市ゆかりの絵画や工芸品等を展示する美術館として新築します。

〇(仮称)文学館とは … 市指定文化財である「旧栃木町役場庁舎」(旧市役所別館)を建築当時の姿に復原し、主に本市にゆかりのある文学者を紹介する資料館に改修します。

 

〈完成イメージ〉

文化芸術館・文学館鳥瞰図

敷地内配置計画

敷地内配置図

(仮称)文化芸術館の概要

 
構造・階数 鉄筋コンクリート造 一部2階建て(※)
延床面積 2,375平方メートル

 ※2階には電気・機械設備関係の部屋を設置します。

 

【1階平面図】

芸術館1階平面図

【主な諸室】

  • 展示室 : 作品を展示し鑑賞していただきます。
  • 多目的室 : 講演会や体験講座を開催します。
  • 収蔵庫 : 市所蔵の美術品等を適切な環境で保管します。
  • 学芸員室・事務室 : 展覧会の企画や建物の管理事務を行います。

 

   工事の状況はこちらをご覧ください →(仮称)文化芸術館工事現場

(仮称)文学館の概要

 
  既存部分 増築棟
構造・階数 木造(鉄骨により耐震補強) 2階建て 鉄筋コンクリート造 2階建て
延床面積 927平方メートル 105平方メートル

 

【 1階平面図 】

文学館1階平面図

【 2階平面図 】

文学館2階平面図

【主な諸室】

  • とちぎサロン : 普段は資料の閲覧や休憩スペースとして、講演会や市民活動の発表等にも活用します。
  • 展示室 : 本市ゆかりの文学者の資料を展示します。
  • 企画展示・多目的室 : 期間限定の展覧会や講座に活用します。

  工事の状況はこちらをご覧ください → (仮称)文学館工事現場

これまでの経過

 
時期 内容
令和元年12月~令和3年3月

(仮称)文化芸術館 工事

施工者 建築工事:清水・舘野・落合Jv
    電気設備工事:森澤・幸和Jv
    機械設備工事:トリタ・ユタカJv
令和元年8月 (仮称)文化芸術館 実施設計(変更)完了
平成31年3月~令和3年1月

(仮称)文学館 工事

施工者 建築工事:牧田・清田Jv
    電気設備工事:(株)まつでん
    機械設備工事:(有)関根総合設備
平成30年12月 (仮称)文学館 実施設計(変更)完了

平成30年11月

基本設計の一部変更完了
平成30年8月 整備見直し方針 [PDFファイル/151KB]決定
平成30年6月 実施設計完了
平成29年6月 基本設計完了

平成29年3月 

(仮称)文化芸術館・文学館 整備基本計画策定
平成28年3月 (仮称)文化芸術館・文学館 基本構想策定

 

今後の予定

 
時期 内容
令和3年度 駐車場工事
展示工事
令和4年度 開館

 

文化芸術館・文学館外観(北面)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)