ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生涯学習・文化・スポーツ > 文化 > 文化芸術施設等整備事業 > > (仮称)文化芸術館・文学館整備基本計画 市民ワークショップの結果[H28.12.27公開]

(仮称)文化芸術館・文学館整備基本計画 市民ワークショップの結果[H28.12.27公開]

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

 市では現在、歴史・文化・芸術が息づく本市の魅力を発信する拠点施設として、旧栃木市役所本庁舎跡地に「(仮称)栃木市文化芸術館(美術館)」及び「(仮称)栃木市文学館」の整備を予定しています。
 この(仮称)文化芸術館 及び(仮称)文学館に必要な機能やスペース、敷地全体の活用方法などについて、市民の皆さまから幅広い意見をいただき、より良い計画づくりにつなげていくことを目的として、下記のとおり『(仮称)栃木市文化芸術館・文学館整備基本計画』市民ワークショップを開催しました。

 

ワークショップの内容

 ワークショップは全2回の日程で開催し、参加者を(仮称)文化芸術館(A~Cチーム)、(仮称)文学館(D・Eチーム)の5チームに分けて、意見交換(グループワーク)、発表を行いました。

第1回[平成28年8月28日(日曜日)]

テーマ(課題)

  • (仮称)文化芸術館・文学館について理解する。
  • 建設予定地を見学して、アイデアを出し合う。

第2回[平成28年9月17日(土曜日)]

テーマ(課題)

  • 施設に必要な機能やスペースのアイデアを出し合う。
  • チームごとに意見をまとめる。

 

ワークショップの参加者

 ワークショップは、公募及び文化振興・文化芸術の関係団体の参加者により構成しました。
 公募による参加者の募集は、チラシの配布や市ホームページを通じて行い、16名の市民の方に参加いただきました。
 また、文化・芸術関係団体から14名の参加をいただき、参加者は計30名となりました。

ワークショップ報告書

 ワークショップ当日の様子や、各チームの皆さんからいただいたご意見等を、下記のとおり報告書にまとめましたのでご覧ください。

 『(仮称)栃木市文化芸術館・文学館整備基本計画』市民ワークショップ報告書[PDFファイル/4.39MB]

今後も、整備を進めていく中で、各施設での展示内容や運営などについて、改めてワークショップを開催することを想定しています。

(仮称)栃木市文化芸術館・文学館整備事業について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)