ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 生涯学習・文化・スポーツ > (仮称)文化芸術館・文学館基本構想[H28.4.14公開]

(仮称)文化芸術館・文学館基本構想[H28.4.14公開]

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

 本市は、歴史的な建物が多く、古くからの伝統を持ち、多くの文人・墨客・工芸作家等の芸術家を輩出し、その流れは今も連綿と続く、歴史・文化・芸術の魅力あふれるまちです。

 このことは、市民の心豊かな人間性、豊かな自然といった数多くの芸術家等を輩出する土壌があるからこそであり、本市の誇るべき点として市内外に発信していく必要がありますが、歴史・文化・芸術の顕彰の場や収蔵する数多くの美術品、工芸品を展示する場等がないことから、十二分に伝えきれていない状況にあります。

 そこで、市では、これら数多くの芸術家、文学者、歴史的功労者等の顕彰や、収蔵品の有効活用等を通して市の魅力を発信し、市民一人一人のふるさとへの愛着と誇りの醸成、未来への継承、新たな本市の歴史・文化・芸術を創造することを目的に、(仮称)栃木市文化芸術館、(仮称)栃木市文学館の整備を進めることとし、この度、『(仮称)栃木市文化芸術館・文学館基本構想を策定しました。

(仮称)栃木市文化芸術館・文学館基本構想[平成28年3月策定]

(仮称)栃木市文化芸術館・文学館基本構想(素案)に関するパブリックコメントの結果について[平成28年4月14日公開]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)