ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市政へのご意見 > [市政へのご意見・回答]SL「大樹」の運行について

[市政へのご意見・回答]SL「大樹」の運行について

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

栃木市の玄関口であり、多くの市民や観光客が利用する栃木駅に、期間限定でも良いので、東武鉄道SL「大樹」を、南栗橋~下今市回送時に、有効活用して運行できるように東武鉄道に要請できないか。

 このたびは、貴重なご意見をありがとうございます。
 8月10日(木曜日)から運行を開始するSL「大樹」は、新型特急リバティに続いて、東武鉄道が夏の目玉として導入する、鉄道ファンのみならず、多くの観光客の利用が期待される観光列車です。
 東武鉄道の報道発表によると、今年度は、下今市駅と鬼怒川温泉駅間の往復で、週末を中心に、1日6本運行される予定となっております。
 現在のところ、栃木市を運行する予定はありませんが、ご指摘のとおり、回送時には栃木駅を通過することもあることから、将来的には、栃木市でも運行してもらえないか、その可能性も含めて、東武鉄道と協議してまいりたいと考えております。特に、来年度4月~6月には、栃木デスティネーションキャンペーンが開催されますので、次回ダイヤ改正の際には、運行エリアを拡大して、栃木県全体にその波及効果が及ぶような取組みを、併せて東武鉄道に要望してまいります。
(平成29年6月)【担当課:観光振興課】