ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市政へのご意見 > [市政へのご意見・回答]田んぼの焼却害について

[市政へのご意見・回答]田んぼの焼却害について

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

 田んぼの野焼きを行うことによる煙や、その煙による道路交通の遮断、また、燃えカスによる洗濯物への付着が発生し困っている。何か対策は無いか、また、農家への指導は行っているか聞きたい。

 野焼きを行うことにより、煙が家の中に入ってくる。灰で洗濯物が汚れてしまう。ぜんそくなどが悪化してしまう。煙が交通の妨げになるなど、野焼きが原因となる焼却行為は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づき、原則禁止されています。
 しかし、この法律には、焼却禁止の例外もございます。
 代表的なものとしては、「どんど焼き」など、「風俗習慣上または宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却」や、「農業、林業または漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却」です。
 農業を営む方は、この例外規定により、病害虫防除を目的とした焼却を行っております。本市では、農業者による「病害虫防除目的の野焼き行為」については、薬剤を使用した防除を推奨しており、栃木県と連携し「野焼き行為の自粛要請」を様々な機会を通して農業者に求めております。
 しかしながら、これらの野焼き禁止の例外とされた行為であっても、周辺地域の生活環境に目立つ影響を与える場合は、焼却中止の改善指導も行っております。
 市においても、監視員による巡回を行っているところですが、今後同様事案が生じた際は、ご一報いただけますと幸いに存じます。(平成28年10月)【担当課:都賀市民生活課】