ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

車椅子ダンス

印刷 大きく印刷 更新日:2022年11月1日更新
<外部リンク>

◆競技会は終了しました◆

車椅子ダンス(身)​

身体障害のある選手が出場できる競技です。

車椅子に乗っている人を“ウィルチェア・ドライバー”、立ち役の健常者を“スタンディング・パートナー”と呼び、ペアを組んで社交ダンス(ボールルームダンス)を踊ります。

 

日程:令和4年10月30日(日曜日)

会場:関東ホーチキにしかた体育館(栃木市西方総合文化体育館)

参加者募集

 1 主 催

 特定非営利活動法人全日本車椅子ダンス協会

 2 日 程

  令和4(2022)年10月30日(日曜日)

 3 会 場

  関東ホーチキにしかた体育館

  (栃木市西方総合文化体育館)

 4 参加資格(※車椅子ダンスに興味がある方!未経験者歓迎!)

 (1)身体・知的・精神に係る各障害者手帳等の交付を受けている方。あるいは、その取得の対象に準ずる障害のある方。(加齢による身体・認知機能の低下に 起因するものも含む)

 (2)健常者。(ただし、個人・団体の各競技種目ではスタンディングパートナ ーとしてのみ参加可能。)

5 競技内容

  大会当日、専門医による審査があるため、申し込みと異なる競技にご参加いただく場合があります。

 (1)個人競技種目(8種目 単科審査 1分半)

    ワルツ・タンゴ・クイックステップ・スローフォックストロット

    ルンバ・チャチャチャ・サンバ・パソドブレ

 (2)団体競技種目(4組以上 種目単科 1分半)

    障害者と健常者の組合せで、グループで単科審査を受ける。

    2組以上で競技成立となる。

 (3)特別参加種目(4組以上 種目自由 3分以内)

    団体フォーメーション(車椅子ダンスとソシアルダンスコラボ、ストリートダンス、デモンストレーション、プロのみのデモ 等)

6 参加費

  無料

7 申込方法

  別紙申込書により、郵送またはFAXにて申し込むこと。

  (1)申込締切  令和4(2022)年7月15日(金曜日)

  (2)申込方法等詳細については、別紙【開催要項】を御参照ください。

 

関連リンク

栃木県いちご一会とちぎ大会ホームページ<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

とちぎ国体 デモンストレーションスポーツ
とちぎ大会 正式競技
とちぎ大会 オープン競技
観戦について
大会PR情報
協賛の募集について
実行委員会
お知らせ