ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て・教育 > 栃木市子ども・子育て支援事業計画(平成27年度~平成31年度)

栃木市子ども・子育て支援事業計画(平成27年度~平成31年度)

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

栃木市子ども・子育て支援事業計画 -生み育ち 輝く親子 地域づくり-

子ども・子育て支援事業計画(表紙) 本市では、「次世代育成支援対策推進法」に基づく「栃木市次世代育成支援対策行動計画」を栃木市(旧栃木市、大平町、藤岡町、都賀町)、西方町の合併に伴い平成24年3月に見直し、少子化対策事業や子育て支援事業を展開してきました。さらに、平成26年4月には栃木市と岩舟町が合併し、新市としてスタートしました。

 本市においても少子化が進んでおります。その一方で、核家族・共働き世帯・ひとり親家庭の増加により保育ニーズは増加しており、子どもや子育て家庭を取り巻く環境はますます変化し、多種多様化しています。こうした背景を踏まえながら、本市における子どもの健やかな育ちと保護者の子育てを社会全体で支援する環境づくりをより一層進めるため、「栃木市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。

 次世代育成支援対策行動計画の理念を踏襲し、引き続き「生み育ち 輝く親子 地域づくり」を基本理念として、子ども・子育て支援を推進していきます。

※本市においては、計画策定後も保育や保育関連事業のニーズが想定以上に増加しており、こうしたニーズに対応するため、平成28年3月及び平成30年3月に計画を改訂しました。

計画書

計画書はこちらからダウンロードできます。

※いずれも改訂部分は赤字で表示しています。

実施状況

栃木市子ども・子育て支援事業計画の実施状況について、以下のとおり報告します。

子ども・子育て支援ニーズ調査

本市では、子育て支援サービスの需要量や子育てに関する意識などを把握するため、アンケート調査を実施しました。

調査内容と結果は、下部の「子ども・子育て支援ニーズ調査報告書(平成25年度合併前栃木市実施)」と「子ども・子育て支援ニーズ調査報告書(平成25年度合併前岩舟町実施)」をご覧ください。

栃木市次世代育成支援対策行動計画

栃木市子ども・子育て支援事業計画の前計画にあたる栃木市次世代育成支援行動計画について掲載いたします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)