ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 保育・幼児教育 > > 保育所等における新型コロナウイルス感染症予防及び発生時の対応

保育所等における新型コロナウイルス感染症予防及び発生時の対応

印刷 大きく印刷 更新日:2021年1月15日更新
<外部リンク>

 1月8日から2月7日の期間において、緊急事態宣言が発令され、栃木県も1月13日に対象区域に追加され、本市においても、1月14日に非常事態宣言を行いましたが、認可の保育所、認定こども園、小規模保育事業所につきましては、引き続き新型コロナウイルス感染予防を徹底したうえで、通常どおり教育・保育を実施いたします。

 なお、新型コロナウイルス感染症の予防や感染等が発生した場合の対応を次のとおり実施してまいります。

 お子様の命と健康を守るため、新型コロナウイルス感染防止に努め、1日でも早く、平穏な日常生活が戻るよう、皆様と一緒に取り組んでまいりますので、保護者の皆様には、多大なご不便とご面倒をおかけいたしますが、現下の状況を踏まえ、何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

施設における感染予防対策

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各施設では、次の対応を行い、教育・保育を実施しております。
 (1)マスクの着用
   ・職員は、原則マスクを着用します。
   ・送迎される保護者を含み、来園者もマスク着用をお願いしております。
 (2)手洗いの実施
    接触感染を予防するため、職員及び園児は定期的に手洗いを実施しております。
 (3)保育室の換気
    保育室の密閉状況を防ぐため、定期的に換気をしております。
 (4)保育室等の消毒
    ドアノブ、手すり、照明のスイッチ、遊具など多数の職員や園児が利用する部分について、
    水拭きやアルコール等により定期的に消毒をしております。
 (5)手指消毒設備の設置
    施設の入り口には、来園者からの感染予防を図るため、消毒液などを設置しております。

保護者における感染予防対策

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、次のことにつきまして、ご配慮をお願いします。
 ・毎朝、検温して頂き、お子様に発熱等がある場合は、登園を控えてください。
 ・日頃からお子様の体調管理に十分気をつけてください。
 ・ご家庭においても、手洗いや咳エチケットなど感染防止に努めてください。
 ・登園後に発熱、風邪の症状等が見られたときは、速やかなお迎えにご協力をお願いします。

園への連絡や登園自粛

 お子様やご家族の方が次のいずれかに該当する場合やPCR検査を受診された場合は、必ず園に連絡をし、登園を控えるなど下記の対応をお願いいたします。
なお、具体的な対応につきましては、栃木県県南健康福祉センター(以下「センター」という。)【Tel0285-22-1219】にお問い合わせください。

 
区 分 対応 登園の目安

・37.5℃以上の発熱がある場合
・呼吸器症状が認められる場合

登園自粛
医療機関の受診

症状が消失するまで
解熱後24時間が経過するまで
主治医と相談

感染した場合

センター等の指示により登園停止 センターの指示や新型コロナウイルス感染症が完治したことを医師が確定診断するまで
同居の家族が感染した場合
(濃厚接触者)
センター等の指示により登園停止、PCR検査の受診 センター等の指示によりますが、一般的に感染した家族と最後に接触した日から2週間を経過する日まで
濃厚接触者となった場合 センター等の指示により登園停止、PCR検査の受診 センター等の指示によりますが、一般的に感染者と最後に接触した日から2週間を経過する日まで
同居の家族が濃厚接触者となった場合 登園自粛 家族のPCR検査結果が出るまで

保護者への周知

 感染等が確認された場合は、保護者の不安や混乱を解消するため、人権や個人情報に十分配慮しながら、該当者に同意を得たうえで、保護者全員にメール等にてお知らせします。
 つきましては、インターネット、SNS上、その他様々な場面での誹謗中傷や詮索など、感染症と懸命に戦っておられる方やそのご家族、対応に携わった方々をさらに傷つけることのないよう、人権や個人情報に配慮した冷静な対応へのご協力をくれぐれもどうぞよろしくお願いいたします。