ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て・教育 > 教育 > 奨学金・就学援助 > > (受付終了)令和4年度とちぎ吾一奨学金(給付型奨学金)のご案内

(受付終了)令和4年度とちぎ吾一奨学金(給付型奨学金)のご案内

印刷 大きく印刷 更新日:2022年1月21日更新
<外部リンク>

令和4年4月から給付希望の方の申し込みは終了しました。

令和5年4月から給付希望の方の募集は、令和4年11月以降に開始する予定です。

 

 栃木市では、給付型の奨学金である「とちぎ吾一奨学金」を実施しています。
 奨学金は奨学生本人に給付するものです。制度の趣旨、内容をよく理解していただいたうえで、奨学生本人が学校を通してお申し込みください。

※「とちぎ吾一奨学金」は、「栃木市篤志奨学金」の愛称です。

とちぎ吾一奨学金の内容について

名   称

対 象 者

他奨学金との併用

とちぎ吾一奨学金

(給付型)

学校教育法で定める高等専門学校(第4学年以上および専攻科)、専修学校(専門課程)、短大、大学に進学予定の、市内の高等学校および特別支援学校高等部に通う最終学年の方

貸与は可

給付は不可

 

応募資格(以下のすべてを満たすことが条件です。)

  1. 申請時において、本市に6ヶ月以上居住する方
  2. 学業人物とも優秀な方(3年1学期までの評定平均が3.0以上であること)
  3. 日本学生支援機構奨学金その他の学資給付を受けない方
  4. 生計維持者《※1》の支給額算定基準額《※2》が100,000円未満の方

《※1》父母がいる場合は父母、父母の一方しかいない場合はその方、父母がいない場合は、希望者の学費や生活費を主に負担している方が生計維持者となります。

《※2》独立行政法人日本学生支援機構法施行令第8条の2第4項に規定する支給額算定基準額です。基準額は収入のほか、扶養者数、所得控除額により異なります。独立行政法人日本学生支援機構のホームページ<外部リンク>内のExcelファイル「支給額算定基準額判定ツール」にて簡易判定することができます。詳しくは簡易判定例 [PDFファイル/661KB]をご覧ください。

募集

令和3年11月19日(金曜日)~ 令和4年1月20日(木曜日)

募集人員

9名以内(栃木市内各高等学校・特別支援学校高等部より1名)

奨学金給付額

月額 30,000円

給付期間

正規の最短修業年限

提出書類

  1. 篤志奨学金給付申請書
  2. 高等学校長等の署名及び押印のある篤志奨学生推薦調書(未開封のもの)
  3. 高等学校長等の署名及び押印のある3年1学期までの成績証明書(未開封のもの)
  4. 生計維持者の住民税決定証明書《※3》
  5. 「続柄」が記載されている世帯全員の住民票の写し《※3》

《※3》 4 及び 5 は、同意書に同意がある方の分は、提出の必要はありません。

奨学金の停止等

奨学生が次に該当する場合には、奨学金の給付を停止または廃止します。その場合、給付した奨学金の一括返還を求める場合もあります。

  1. 奨学生が死亡または退学したとき。
  2. 病気等のため、卒業の見込みがなくなったとき。
  3. 停学その他の処分を受けたとき。
  4. 学業成績または素行が不良になったとき。
  5. 奨学金を必要としない理由が生じたとき。
  6. 奨学生を辞退したとき。
  7. 奨学生及び保護者が市外に転出したとき。
  8. 栃木市篤志奨学金給付条例に違反し、奨学生として適当でないとき。

募集案内・提出書類一覧

令和4年度とちぎ吾一奨学生募集案内 [PDFファイル/268KB]

篤志奨学金給付申請書 [PDFファイル/99KB]

篤志奨学金給付申請書(記入例) [PDFファイル/312KB]

篤志奨学生推薦調書 [PDFファイル/48KB]

奨学金の停止等の画像

新たな篤志家の募集について

栃木市では、とちぎ吾一奨学基金の趣旨に賛同し、栃木市の学生の将来を共に支援していただける篤志家を募集しています。

詳細については、専用ページ「とちぎ吾一奨学基金について(寄附のお願い)」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)