ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 子育ての手当・助成 > > 令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

印刷 大きく印刷 更新日:2022年1月17日更新
<外部リンク>

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金を給付します

令和3年11月19日に閣議決定された「新型コロナウイルス感染症経済対策」において、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、子どもたちを力強く支援し、その未来をひらく観点から、児童を養育している父母のうち所得の高い方の年収が960万円以上(※1)の世帯を除き、0歳から高校3年生の子どもたち(※2)に1人当たり10万円相当の給付を行うこととされました。

※1 扶養親族等が児童2人と年収103万円以下の配偶者の場合の目安
  (※詳しい児童手当制度については→こちら
※2 平成15年4月2日から令和4年3月31日までの間に出生した児童

栃木市では、児童手当の仕組みを活用し、12月13日に政府が年内の現金一括給付を容認したことを受け、現金10万円の一括給付を年内に開始することとしました。

対象児童

  1. 令和3年9月分の児童手当の対象となる児童(令和3年9月出生の児童は、令和3年10月分)
  2. 平成15年4月2日から平成18年4月1日までに出生した児童
  3. 令和3年10月1日以降、令和4年3月31日までに出生した児童

支給対象

対象児童を養育する父母等のうち、主たる生計維持者

※令和2年中の所得が、児童手当の所得制限額以上(特例給付)に相当する場合は支給対象外

児童手当制度のご案内(内閣府ホームページ)→https://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/annai.html<外部リンク>

支給額

対象児童1人当たり10万円

※広報とちぎ1月号や年内に申請不要で振込予定の方向けの通知では児童1人あたり5万円との記載がありますが、栃木市では、現金10万円の一括給付を行います。

支給方法

申請が不要な方については、原則として、令和3年12月23日(木曜日)に支給しました。

申請が必要な方については→こちら

公務員の方については→こちら[https://www.city.tochigi.lg.jp/soshiki/30/45560.html

申請が不要な方

(1)令和3年9月分の児童手当受給者(令和3年9月出生の児童は、令和3年10月分)
※高校生世代(平成15年4月2日から平成18年4月1日までに出生した児童)も養育している場合は併せて給付します。

(2)平成15年4月2日から平成18年4月1日までに出生した児童のみを養育している世帯で、令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金を受給した方(高校1年生~高校2年生のみ養育している世帯)
※当該給付金を受給した方が、現在も継続して主たる生計維持者である場合に限ります。

(3)令和3年10月以降に出生した新生児を支給対象児童とした児童手当受給者(公務員を除く)

(4)高校生世代のみを養育している世帯のうち、令和3年9月分の児童扶養手当受給者

※対象の方にはお知らせ通知を令和3年12月16日(木曜日)に発送しました。
⇒(3)の方には令和4年1月7日(金曜日)にお知らせ通知を発送しました。
※本給付金は、各手当・給付金の受給口座に振り込みます。
※本給付金の受給を辞退される場合は、下記問い合わせ先まで至急ご連絡ください。

申請が必要な方

上記(1)~(4)以外の方

申請に係るご案内を令和4年1月7日(金曜日)から随時発送しました。

申請書および返信用封筒を同封しておりますので、申請書のご提出に当たっては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るため、郵送による提出にご協力をお願いします。

※対象となる児童が進学等で別居している方等、ご案内通知を送れない場合があります。支給要件に該当される方につきましては、下記申請書様式をダウンロードし、ご利用ください。
子育て世帯への臨時特別給付金申請書[様式第3号] [PDFファイル/284KB]

子育て世帯への臨時特別給付金申請書[記載要領] [PDFファイル/529KB]


※高校3年生のみを養育している方については、原則として、申請が必要になります。
※本給付金は、申請者名義の指定された口座に振り込みます。

支給日

令和4年1月18日(火曜日)までに提出された方(※子育て支援課必着)
⇒令和4年2月17日(木曜日)

令和4年1月31日(月曜日)までに提出された方(※子育て支援課必着)
⇒令和4年2月24日(木曜日)

以降こちらでご案内します。

申請期限

令和4年3月18日(金曜日)

“振り込め詐欺”や“個人情報の詐欺”にご注意ください

ご自宅や携帯電話などに栃木市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに最寄りの警察にご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)