ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > とちぎ蔵の街美術館 > 特別企画展「松本かつぢ かわいい!づくし」

特別企画展「松本かつぢ かわいい!づくし」

印刷 大きく印刷 更新日:2018年7月17日更新
<外部リンク>

特別企画展
 松本かつぢ かわいい!づくし
 2018年4月17日(火曜日)~7月16日(月曜日・祝日)

松本かつぢチラシ表小松本かつぢチラシ裏小

松本かつぢ(1904~86)は、抒情画家・漫画家・童画家・グッズクリエイターとして多彩な才能を発揮したアーティストです。少女雑誌文化が花開いた昭和の初め、少女たちの憧れを誘い、中原淳一と人気を二分しました。栃木市ゆかりの作家、吉屋信子(1896~1973)の著作の装丁、挿画を手がけていることでも知られます。昭和13年(1938)に連載を開始した「くるくるクルミちゃん」は少女漫画の先駆け的作品で、次々とグッズ化され、キャラクターグッズの元祖ともなりました。松本かつぢの生み出した作品の数々は、今に続く日本の「かわいい」文化に、なくてはならないものと言えるでしょう。「かわいい!」があふれる展覧会で、松本かつぢの魅力をご紹介します。

会期

4月17日(火曜日)―7月16日(月曜日・祝日)

開館時間等

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日=毎週月曜日(ただし4月30日(月曜日・祝日)・7月16日(月曜日・祝日)は開館し、翌5月1日(火曜日)休館)

観覧料

一般(高校生以上)/500円(300円)中学生以下は無料
()内は20名以上の団体割引料金
身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料

主催

栃木市、栃木市教育委員会、とちぎ蔵の街美術館

後援

朝日新聞宇都宮総局、産経新聞社宇都宮支局、下野新聞社、東京新聞宇都宮支局、毎日新聞宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局、NHK宇都宮放送局、株式会社エフエム栃木、栃木ケーブルテレビ、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送

イベント

1、講演会

「松本かつぢの魅力-人・作品・思い出-」

  • 日時=5月12日(土曜日)午後2時~(90分程度)
  • 講師=宇津原充地栄 氏(松本かつぢ三女・松本かつぢ資料館代表)
    内田静枝 氏(弥生美術館学芸員)
  • 会場=とちぎ蔵の街観光館2階多目的ホール
  • 定員=60名(聴講無料 当日受付先着順)

2、おはなし会

松本かつぢ作品によるおはなし会
松本かつぢが挿絵を手がけた『ふしぎの国のアリス』のお話を、挿絵・語り・音楽でお楽しみいただきます。クルミちゃんライブや、みんなで歌おうコーナーなど、盛りだくさんな内容です。小さいお子様から大人の方までご参加いただけます。

  • 日時=6月16日(土曜日)午前11時~(30分程度)
  • 出演=レインボーキックス
    柳沢マーヤ 氏(パーカッショニスト・ドラマー・シンガー)、いしいあや 氏(ニジノ絵本屋代表)、柳沢三千代氏(声優)、小峰みなみ氏(声優)、宇津原充地栄氏(松本かつぢ資料館代表)
  • 会場=とちぎ蔵の街観光館2階 多目的ホール
  • 定員=20名(事前電話申し込み先着順 4月3日(火曜日)より受付開始 電話:0282-20-8228)
  • 観覧料でご参加いただけます

3、ギャラリートーク

担当学芸員によるギャラリートーク
4月22日(日曜日)、5月26日(土曜日)、6月30日(土曜日)各日 午後2時~(40分程度)
観覧券をお求めのうえ、美術館受付にお集まりください。