ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > とちぎ蔵の街美術館 > イベント > イベントの記録 > > ワークショップ「100年前のカメラを体験してみよう」を開催しました

ワークショップ「100年前のカメラを体験してみよう」を開催しました

印刷 大きく印刷 更新日:2019年12月1日更新
<外部リンク>

ワークショップの様子1 ワークショップの様子2

令和元年12月1日(日曜日)、特別企画展「栃木初の写真師 片岡如松 -時代を写した写真と絵葉書」の関連イベントとして、ワークショップ「100年前のカメラを体験してみよう」を開催しました。片岡写真館4代目、片岡惟光(よしみつ)さんを講師にお迎えし、湿板写真、乾板写真について、実物を前に説明いただき、写真館2代目の片岡武が使用していた暗箱カメラを使って、乾板写真の撮影方法を体験しました。また、閃光器(フラッシュ)にも実際に触れ、ご自身の撮影時のエピソードをお話くださいました。当時の撮影方法について、理解を深めることができました。