ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > とちぎ蔵の街美術館 > 収蔵品展コレクターの競演 癸生川コレクションと石井コレクション

収蔵品展コレクターの競演 癸生川コレクションと石井コレクション

印刷 大きく印刷 更新日:2019年12月25日更新
<外部リンク>

コレクターの競演展チラシ表面 コレクターの競演チラシ裏面

とちぎ蔵の街美術館は、市ゆかりの美術工芸家の作品を中心に収蔵していますが
そのもうひとつの柱として、近現代の陶芸作品も収蔵しています。それらは、2001年度に市内の経済人・故癸生川榮一氏から近現代の陶芸家、主に重要無形文化財保持者(通称 人間国宝)に認定された作家の茶陶器、また2006年度には横浜の故石井英太郎氏から現代陶芸作家が制作した水滴作品、1697点をご寄附いただいたものです。
本展は、癸生川コレクションと石井コレクションから「いろ・かたち・わざ」をテーマに約60点を展示し、二人のコレクションの競演をご覧いただきます。
また、同時開催として新収蔵品、約10点をご紹介します。