ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > とちぎ蔵の街美術館 > 展覧会の記録 > 2016年度(平成28年度) > > 企画展 アートリンクとちぎ2016 線とかたちの大冒険

企画展 アートリンクとちぎ2016 線とかたちの大冒険

印刷 大きく印刷 更新日:2017年3月20日更新
<外部リンク>

線とかたちの大冒険の画像1線とかたちの大冒険の画像2

 とちぎ蔵の街美術館では、企画展「アートリンクとちぎ2016 線とかたちの大冒険」を開催します。本展は、栃木県立美術館の所蔵品の中から、現代作家の油彩画、版画、彫刻作品などにおいて線と形の表現に特徴がある作品を前期・後期それぞれ50点を展覧します。
 本市ゆかりの画家・清水登之と刑部人の風景画、彫刻家・鈴木徹の遠野物語に取材したブロンズ作品に加え、日和崎尊夫の精緻な線で彫られた木口木版の≪ディラン・トマスの詩『緑の導火線』≫、渡辺豊重の韓紙に大胆な形を青墨、松煙などで描いた≪鬼≫、丑久保健一の立体作品≪月と直角-地≫などの作品から、さまざまな線と形をご紹介します。
 当館は、江戸時代後期に建てられた蔵3棟を改修した美術館です。天井に梁が走る空間と「線とかたち」をめぐる現代作家との出会いをお楽しみください。

出品作家
飯田善國、丑久保健一、大森博之、刑部 人、川島理一郎、清水登之、菅井 汲、鈴木 徹、薗部雄作、関谷富貴、高橋忠弥、長 重之、堂本尚郎、
難波田龍起、日和崎尊夫、深沢史朗、松本英一郎、元永定正、渡辺豊重

会期

  • 前期 1月17日(火曜日)―2月19日(日曜日)
  • 後期 2月23日(木曜日)―3月20日(月曜日・祝日)

開館時間等

  • 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日=毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、展示替え期間の2月21日、22日

観覧料

一般(高校生以上)/300円(200円)中学生以下は無料
()内は20名以上の団体割引料金
身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料

主催

栃木市、栃木市教育委員会、とちぎ蔵の街美術館、栃木県立美術館

後援

朝日新聞宇都宮総局、産経新聞社宇都宮支局、下野新聞社、東京新聞宇都宮支局、日本経済新聞社宇都宮支局、毎日新聞宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局、NHK宇都宮放送局、株式会社エフエム栃木、栃木ケーブルテレビ、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送

関連イベント

ワークショップ

「すりたいけん!」
あーとネット・とちぎが開発したオリジナル「版画用卓上油圧式プレス機」を使って木口木版画を刷る体験をし、すてきなグリーティング・カードを作ります。

  • 日時:2月18日(土曜日)午後2時~(1時間程度)
  • 講師:あーとネット・とちぎのみなさん
  • 会場:とちぎ蔵の街観光館 2階多目的ホール
  • 対象:小学生から大人まで
  • 参加費:300円(一人、材料費込み)
  • 先着20名(事前申し込み)

ミュージアムコンサート

「線とかたちを音にする」

  • 日時:3月13日(月曜日)午後3時30分~(1時間程度)
  • 出演:相島咲貴子 氏(クラリネット)、萬代麻実 氏(キーボード)
  • 会場:とちぎ蔵の街美術館
  • 先着20名(事前申し込み)

※観覧料でご覧いただけます。
※コンサート当日は美術館は休館となります
※ワークショップ、ミュージアム・コンサートは、とちぎ蔵の街美術館まで、電話でお申し込みください。

学芸員によるギャラリートーク

1月28日(土曜日)、2月26日(日曜日)
各日午後2時~(1時間程度)
観覧券をお求めのうえ、美術館受付にお集まりください。