ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > とちぎ蔵の街美術館 > 展覧会の記録 > 2015年度(平成27年度) > > 収蔵品展 現代水滴 小さな旅 美術館で巡るやきものの産地

収蔵品展 現代水滴 小さな旅 美術館で巡るやきものの産地

印刷 大きく印刷 更新日:2015年9月23日更新
<外部リンク>

現代水滴 表現代水滴 裏

 水滴は硯に使う水を入れる容器です。現代の陶芸作家たちは、水滴としての用途を機能させながらも形や装飾に工夫を凝らした魅力的な水滴を制作しています。それらの技法からは、益子、笠間、備前、九谷、萩、唐津、有田など日本のやきものの産地の特徴や独自に活躍する作家の活動などを見ることができます。本展は、現代の陶芸作家の水滴、約60点をとおして、とちぎ蔵の街美術館でやきものの産地を巡る旅を楽しんでいただきます。
 また、併設展では、平成25・26年度の寄附・購入作品等を前期・後期に分けて展覧します。

会期

  • 平成27年7月11日(土曜日)~9月23日(水曜日・祝日)
  • 併設展
    • 前期:7月11日(土曜日)~8月16日(日曜日)
    • 後期:8月20日(木曜日)~9月23日(水曜日・祝日)

開館時間等

  • 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日休館)、7月21日、展示替えの期間の8月18日、19日(7月20日、9月21日は開館)

主催

栃木市、栃木市教育委員会、とちぎ蔵の街美術館

後援

朝日新聞宇都宮総局、毎日新聞社宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局、下野新聞社、東京新聞宇都宮支局、産経新聞社宇都宮支局、日本経済新聞社宇都宮支局、NHK宇都宮放送局、株式会社とちぎテレビ、栃木ケーブルテレビ、株式会社エフエム栃木、株式会社栃木放送

関連イベント

講演会

「現代陶芸の魅力について」

  • 講師:諸山 正則 氏(東京国立近代美術館主任研究員)
  • 日時:7月25日(土曜日)午後2時~3時30分
  • 会場:とちぎ蔵の街観光館 2階多目的ホール
  • 定員 70名(先着順)
  • 入場無料

学芸員によるギャラリートーク

7月19日(日曜日)、8月8日(土曜日)、8月23日(日曜日)、9月12日(土曜日)
各日、午後2時から
観覧券が必要です。