ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > とちぎ蔵の街美術館 > 展覧会の記録 > 2017年度(平成29年度) > > 企画展 描かれた女たち 女性像にみるフォルム/現実/夢

企画展 描かれた女たち 女性像にみるフォルム/現実/夢

印刷 大きく印刷 更新日:2018年3月21日更新
<外部リンク>

企画展
 「描かれた女たち 女性像にみるフォルム/現実/夢」
 2018年1月16日(火曜日)~3月21日(水曜日・祝日)

描かれた女たちチラシ表小の画像1描かれた女たちチラシ裏小の画像2

 日本絵画における人体像は、明治以降大きく変わりました。その理由として、西洋美術との出会いにより、対象を科学的に捉え、陰影法など立体感を表す描法と理想的身体像であるヌードの意味を学び、西洋近代的な概念を受容したことなどが理由にあげられます。
 本展では、明治から現代までに描かれた女性像約50点を女性の身体美に注目した「フォルム」、女性の姿をリアルに描いた「現実」、夢の中の女性として描いた「夢」の3つのテーマに分けて紹介します。

会期

2018年1月16日(火曜日)―3月21日(水曜日・祝日)

開館時間等

  • 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日=毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、2月13日(火曜日)

観覧料

一般(高校生以上)/500円(300円)中学生以下は無料
( )内は20名以上の団体割引料金
身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料

主催

栃木市、栃木市教育委員会、とちぎ蔵の街美術館

後援

朝日新聞宇都宮総局、産経新聞社宇都宮支局、下野新聞社、東京新聞宇都宮支局、毎日新聞宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局、NHK宇都宮放送局、株式会社エフエム栃木、栃木ケーブルテレビ、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送

協力

公益財団法人 日動美術財団

関連イベント

記念講演会

「描かれた女性像にみる日本近代洋画の変遷」

  • 日時=3月11日(日曜日)午後2時~(90分程度)
  • 講師=山梨絵美子氏(東京文化財研究所)
  • 会場=とちぎ蔵の街観光館 2階多目的ホール
  • 定員=当日先着60名(聴講無料)

担当学芸員によるギャラリートーク

日時=2月10日(土曜日)、3月21日(水曜日・祝日)午後2時~
観覧券をお求めのうえ、美術館受付にお集まりください。