ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > TOURISM~栃木市観光情報 > 第9回歌麿まつり 週末開催イベント・期間中イベント 一部中止のお知らせ

本文

第9回歌麿まつり 週末開催イベント・期間中イベント 一部中止のお知らせ

印刷 大きく印刷 更新日:2019年10月23日更新

第9回歌麿まつり

 歌麿まつり チラシ 表歌麿まつり チラシ 裏

 

 近年、栃木市ゆかりの旧家から江戸時代の浮世絵師 喜多川歌麿が描いた肉筆画「女達磨図」「鐘馗図」「三福神の相撲図」が発見されました。

 現在知られている歌麿の肉筆画は世界に40点程度と言われるなか、栃木市はこれらの肉筆画を3点所有しています。

 また、栃木の豪商の依頼で肉筆画の大作「深川の雪」「品川の月」「吉原の花」を描いたと伝えられるなど、歌麿が栃木と関係があったことを示しています。

 今年で9回目となる「歌麿まつり」では、歌麿と栃木の関わりについて、より多くの方々に知っていただこうと、市民が中心となった「歌麿を活かしたまちづくり協議会」が企画・運営し、市内各所で歌麿関連イベントを開催します。

 

第9回歌麿まつり チラシ 表[PDFファイル/1.3MB]

第9回歌麿まつり チラシ 裏 [PDFファイル/3.75MB]

開催期間

令和元年10月26日(土曜日)~令和元年11月4日(月曜日・振替休日)

開催内容

 とちぎ蔵の街大通りを中心に、歌麿に関する展示や、歌麿が描いた世界を日本人と外国人両方の出演者により再現する国際交流「歌麿道中」等、歌麿関連イベントを開催します。

 

※台風19号の被害により、期間中イベントが下記のとおり一部中止となりました。

開催を中止するイベント

蔵の街を着物で歩き隊!

歌麿をさがせ!

幸来橋音祭

「語りと筝で寿ぐ・歌麿 雪月花 In 妙唱寺」

じゃばらのなぞとき本作り体験

実施するイベント

「歌麿と栃木」展

おいらん顔出しパネル設置

歌麿作品めぐり

パネル展示「太平山神社の絵馬」

歌麿行灯

歌麿まつり特別公開 喜多川歌麿肉筆画

 

国際交流「歌麿道中」 ※開催中止

 下記のとおり開催予定でしたが、台風19号による被害のため、今回の「歌麿道中」の開催は中止となりました。

日時・場所

11月2日(土曜日)

13時00分~ 巴波川会場(塚田歴史伝説館付近)

15時00分~ 蔵の街大通り会場(山車会館付近)

※荒天中止の場合は11月3日(日曜日)に延期。

※国際交流「歌麿道中」の写真撮影の際、三脚・一脚・自撮棒・脚立・ドローン等の使用は、ご遠慮ください。

歌麿まつり特別公開 喜多川歌麿肉筆画「女達磨図」「鐘馗図」「三福神の相撲図」

日時

11月2日(土曜日)~11月4日(月曜日・振替休日)

9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

場所

とちぎ蔵の街美術館

 

※土曜日・日曜日・祝日のお問い合わせ先は、栃木市観光協会 (電話:0282-25-2356) まで

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)