ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
栃木市渡良瀬遊水地Web トップページ お知らせ・イベント > イベント > 渡良瀬遊水地ヨシ灯りワークショップを開催しました(11月にライトアップ展示決定!)

渡良瀬遊水地ヨシ灯りワークショップを開催しました(11月にライトアップ展示決定!)


自分だけの「ヨシ灯り」出来た! 11月にライトアップ展示

ヨシ灯りづくりの様子 ヨシ灯りづくりの様子2

渡良瀬遊水地のヨシを編んで、自分だけの「ヨシ灯(あか)り」を作る栃木市の「ヨシ灯りワークショップ」が8月10日、藤岡町藤岡のハートランド城で行われました。

完成した作品の多くは引き続き同城で展示しています。

また、11月下旬に開くヨシ灯り展では、これまでの作品と一緒にライトアップされて夕闇を彩る予定です。


昨年12月、ヨシの活用方法の一つとして初めてヨシ灯りの展示のイベントを開催。

地元小中学生らが作成した約50個のヨシ灯りでハートランド城を彩り、大変好評でした。

このため、今回は夏休み中の小学生やその保護者らを対象にワークショップを開きました。

この日は、16人が参加。初めに、遊水地に生えるヨシの役割について写真などで学びました。

その後、ヨシ細工指導スタッフのサポートにより制作を開始。

編み終えた後は、親子などで話し合いながらカラフルなテープや花、セロハン紙などで自由に飾り付けました。

1時間半ほどで8組のヨシ灯りが完成しました。

ヨシ灯りライトアップの様子(体験活動室) ヨシ灯りライトアップの様子(ハートランド城)

出来上がった作品は、暗くした室内で電球で中からライトアップ。

ヨシの合間から漏れる幻想的な光に参加者からは歓声が上がりました。

この日、8月10日が誕生日の「ハーツ姫」が登場して一緒に写真に納まりました。

さらに、同城の入り口の階段にも並べて記念撮影しました。


親子で参加した町内の石塚なつのさん(11歳)はヨシ灯りと石塚さん

「花や虫が集まっている自然の大きな木をイメージしました。

ヨシを編み、飾り付けを考えるのが楽しかった」

と話していました。

市内大平町の櫻井博子さん(65歳)は

「かご編みなど手先を使うことは好きですが、童心にかえって楽しくヨシ灯りを作れました」ヨシ灯りと櫻井さん

と満足そうでした。