ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
栃木市渡良瀬遊水地Web トップページ お知らせ・イベント > イベント > 「渡良瀬遊水地外来植物除去活動」を実施しました(10月3日)

「渡良瀬遊水地外来植物除去活動」を実施しました(10月3日)


栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県の4県にまたがる渡良瀬遊水地の自然環境を守るため、10月3日(土曜日)に栃木県主催、栃木市・小山市・野木町共催による「渡良瀬遊水地外来植物除去活動」を開催しました。

当日は作業時間をずらしながら小山市会場(環境学習フィールド3)と栃木市会場(環境学習フィールド4)においてセイタカアワダチソウやヤナギを抜き取り、両会場合わせて約300名の方が参加しました。

開会式の様子

この活動は毎年5月22日の国際生物多様性の日に関連して5月に開催していますが、今年は新型コロナウイルスの影響により時期が延期となりました。

5月のセイタカアワダチソウは50cmほどの背丈のため、しゃがんで抜き取りをしていましたが、今回の作業時には2mを超える高さにまで成長し、参加者は立ってヨシをかき分けながらの抜き取り作業となりました。

抜き取りの様子  抜き取りの様子

今回栃木市会場では約100名の方が参加し、500kgもの量を駆除することが出来ました。

抜き取った袋を運ぶ様子  抜き取った草を運ぶ様子

また、多くの皆さまに小山市会場と栃木市会場の両会場にご参加いただきました。

 

渡良瀬遊水地は絶滅危惧種をはじめとする貴重な動植物の宝庫です。

この豊かな自然環境を未来に繋げるため、今後も継続して外来植物除去活動を行ってまいります。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

 

【栃木市会場にご参加・ご協力いただいた団体】(50音順)

・いすゞ自動車(株) 栃木工場 様

・(株)潮田建設 様

・(株)ダイナム 栃木岩舟店 様

・栃木農業高等学校 様

・日本気球連盟渡良瀬連絡会 様

・藤岡地域クリーン推進員の皆様

・谷中村の遺跡を守る会 様

・わたらせ未来基金 様

・渡良瀬遊水池を守る利根川流域住民協議会 様