ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
栃木市渡良瀬遊水地Web トップページ お知らせ・イベント > イベント > (5/15)希少植物保全活動&お魚ふれあい体験を実施しました。

(5/15)希少植物保全活動&お魚ふれあい体験を実施しました。


5月15日(土曜日)に渡良瀬遊水地史跡保全ゾーンにおいて「希少植物保全活動&お魚ふれあい体験」を実施しました。

 

他の植物の生育環境を阻害する外来種「セイタカアワダチソウ」を抜きとり、希少植物や湿地環境を保全することが目的です。

当日はボランティア約50名が集まり、大人の腰の高さまで伸びたセイタカアワダチソウを、およそ2tトラック1台分抜き取りました。

 

外来植物除去活動集合写真 外来植物除去活動風景

作業終了後には、下都賀漁協の協力のもと渡良瀬遊水地にいるお魚とのふれあい体験を開催。ライギョやギンブナ、ギバチなどを間近で見ることができ、子供たちは興味津々の様子でした♪

※密にならないよう、人数制限をしての実施となりました。

お魚ふれあい体験風景 お魚ふれあい体験風景2

なお、当日は参加票の事前記入、マスクの着用、消毒液の設置などの新型コロナウイルス感染症対策を万全に行った上で実施しました。

 

【参加していただいた団体】

・いすゞ自動車株式会社 様

 

 

 

また、6月26日(土曜日)には第2調節池にて外来植物の除去活動を行います。

渡良瀬遊水地の豊かな自然や湿地環境を未来へ繋いでいくため、多くの皆さんの参加をお待ちしております。