ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民税課 > 軽自動車税(環境性能割)について

軽自動車税(環境性能割)について

印刷 大きく印刷 更新日:2019年10月1日更新
<外部リンク>

軽自動車税(環境性能割)の創設について

 令和元年10月1日から、軽自動車税(環境性能割)が創設されます。
 これに伴い、現行の軽自動車税は、令和2年度から軽自動車税(種別割)に名称が変わり、軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されます。

 軽自動車税(環境性能割)は、三輪以上の軽自動車を新車、中古車問わず取得した人に課されるもので、税額は、課税標準である取得価額に対し、環境性能に応じた税率(0%~2%)を乗じて算出します。
 なお、軽自動車税(環境性能割)の賦課徴収は、当分の間、都道府県が行うこととなっています。

環境性能割の税率について

【電気自動車等の税率】
・自家用  非課税
・営業用  非課税

 電気自動車等とは、軽自動車の場合は電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス基準適合車または平成21年排出ガス基準10%低減達成車)のことです。

 

【ガソリンハイブリット車、ガソリン車の税率】

排出ガス要件

燃料要件

税率(自家用)

税率(営業用)

平成30年度排出ガス基準50%低減達成車

 

または

 

平成17年度排出ガス基準75%低減達成車

令和2年度燃費基準+10%達成車

非課税

非課税

令和2年度燃費基準達成車

1.0%

0.5%

平成27年度燃費基準+15%達成車

平成27年度燃費基準+10%達成車

2.0%

1.0%

上記以外の車両

2.0%

 ※ただし、消費税率引き上げに伴う措置として、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に取得した自家用の軽自動車については、上表の税率から1%軽減されます。

おすすめコンテンツ