ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民税課 > 平成28年度より軽自動車税の税率が変わります

平成28年度より軽自動車税の税率が変わります

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

税制改正により、次のとおり軽自動車税の税率(年額)が変更されます。

原動機付自転車・二輪の軽自動車・二輪の小型自動車・小型特殊自動車

平成28年4月1日(平成28年度課税)から表1のとおり税額が変わります。

表1

平成28軽自税税額表の画像

注:車種の二桁の番号は課税上の区分番号です。

四輪以上及び三輪の軽自動車

初めて車両番号の指定を受けた年月(※)により、税額が変わります。
(※)自動車検査証(車検証)の「初度検査年月」欄をご確認ください。

平成27年4月1日(平成27年度課税)から

  • 平成27年3月31日以前に車両番号の指定を受けた車両
    表2-(1)の税額となります
    (注 現在の税額と変更ありません)
    (注 平成28年度以後に、初めて車両番号の指定を受けた月から13年を超えた車両は順次(3)に該当していきます)
  • 平成27年4月1日以後に初めて車両番号の指定を受けた車両
    表2-(2)の税額となります
    (注 平成41年度以後に、初めて車両番号の指定を受けた月から13年を超えた車両は順次(3)に該当していきます)

平成28年4月1日(平成28年度課税)から

初めて車両番号の指定を受けた月から13年を超えた車両
表2-(3)の税額となります
(注 平成28年度は【平成14年12月】以前指定の車両が該当します)

平成27年4月1日以後に初めて車両番号の指定を受けた車両の中で排出ガス性能及び燃費性能(※)に優れた軽自動車に対して、その性能に応じて軽自動車税が軽減されます。(グリーン化特例)(平成28年度課税分のみ適用)

(※)排出ガス性能及び燃費性能については自動車検査証(車検証)の「備考」欄をご覧ください。

詳しくは以下の表2を参照

平成28軽自動車税税額表の画像

注:車種の二桁の番号は課税上の区分番号です。

※1 電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス基準10%低減)

※2 乗用:揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料かつ、平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)

 かつ平成32年度燃費基準+20%達成車

 貨物:揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料かつ、平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)

 かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

※3 乗用:揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料かつ、平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)

 かつ平成32年度燃費基準達成車

 貨物:揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料かつ、平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)

 かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

おすすめコンテンツ