ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 2019年全国家計構造調査を実施します

2019年全国家計構造調査を実施します

印刷 大きく印刷 更新日:2019年8月1日更新
<外部リンク>

より良い未来をつくるために。「全国家計構造調査」にご協力ください。

 10月から11月までの2か月間、全国家計構造調査を実施します。この調査は、皆さまに日々の収入や支出などをご回答いただき、国民生活の実態を明らかにするものです。調査結果は、社会保障や福祉政策の検討など、国民生活に身近なさまざまな政策などに役立てられます。ひとりひとりの回答が、日本のより良い未来を作ります。調査へのご協力をお願いします。 

家計構造調査ポスター

調査期間

 2019年10月及び11月の2か月間
統計調査員が8月から調査地域を訪問します。皆さまのお宅に伺いましたらご協力をお願いします。

調査事項

 「世帯票」・・男女の別、満年齢、配偶者の有無、就業状態、住居の構造、住居の床面積など

 「年収・貯蓄等調査票」・・年間収入、貯蓄現在高、借入金残高など

 「家計簿」・・日々の家計の収入と支出(10月から11月の2か月間記入)

 3種類全ての調査票に回答をお願いする「基本調査」と、「世帯票」及び「年収・貯蓄等調査票」の2種類の調査票に回答をお願いする「簡易調査」で調査します。

 

 家計簿イラスト

調査対象

 国が無作為に選定した市内18地域にお住まいの216世帯
(「基本調査」対象地域・・9地域、「簡易調査」対象地域・・9地域)

調査方法

 統計調査員が、調査の対象となった世帯に調査書類を配布します。
 回答後は、調査員に提出していただくほか、郵送提出(「簡易調査」のみ)やインターネットでの回答も可能です。調査の趣旨をご理解いただき、回答をお願いします。
 なお、統計法では調査員をはじめとする調査関係者に対して、調査票の記入内容を厳重に保護することを定めていますので安心してご回答ください。

※かたり調査にご注意ください!

 統計調査員は、市の推薦に基づいて栃木県知事が任命した非常勤の地方公務員です。調査員には調査員証が交付され、必ず携帯して訪問します。いきなり電話等で調査することはしません。
 もし不審な電話等があった場合は、問いかけに回答せず、お問い合わせください。調査員証イラスト

結果の公表予定

  2020年11月から総務省統計局のホームページ等で順次公表予定です。

総務省統計局ホームページ

 2019年全国家計構造調査<外部リンク>

おすすめコンテンツ