ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境課 > 犬猫の不妊手術費の一部を補助しています

犬猫の不妊手術費の一部を補助しています

印刷 大きく印刷 更新日:2020年4月1日更新
<外部リンク>

補助金交付申請の受付について

令和2年度の申請書受付締切日は、令和3年3月19日(金曜日)です。※必着

 

栃木市犬猫不妊手術費補助金を交付します。

栃木市では犬猫の適正な飼養を促すため、市民が飼養しているメス犬及びメス猫の不妊手術費用の一部を補助します。

補助対象

下記の1~3をすべて満たしている方が対象者となります。

  1. 市内に居住し、住民登録のある方
  2. 市内において、メス犬またはメス猫を飼っている方
    (ただし、販売目的に飼っている場合を除く)
  3. 市税の滞納がない方

下記の1・2をすべて満たしているメス犬・メス猫が対象犬猫となります。(※オス犬・オス猫は、対象外)

  1. 獣医師により不妊手術を受けていること。
    (手術実施後1年以内であれば申請ができます。)
  2. メス犬の場合、狂犬病予防法の規定による登録及び直近1年以内に狂犬病予防注射を受けていること。

補助金額(1頭あたり)

メス犬:5,000円

メス猫:4,000円

※ただし、毎年度1世帯につきメス犬及びメス猫それぞれ1頭まで

申請方法

補助を希望する方は、申請書に手術した獣医師の証明が必要になります。。

手術前に本庁(環境課)、総合支所(市民生活課)の窓口または市内動物病院において関係書類を取り寄せるか、ダウンロードをしてください。

申請する際には、次の3点をご用意ください。

※郵送での提出もできますが、書類に不備等がある場合はお返しすることもあります。

 

様式ダウンロード

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ