ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境課 > クビアカツヤカミキリの情報収集にご協力ください

クビアカツヤカミキリの情報収集にご協力ください

印刷 大きく印刷 更新日:2019年8月9日更新
<外部リンク>

栃木市内のクビアカツヤカミキリの情報提供のお願い

とち介 サクラ

 現在、特定外来生物の「クビアカツヤカミキリ(以下「クビアカ」という。)」が栃木市内でも発生しています。 

 クビアカは、サクラ・モモ・スモモ・ウメなどバラ科の植物に寄生し、木の中を食い荒し木を枯らしてしまうことから、クビアカの被害が拡大すると、市内の桜の名所の存続が危ぶまれます。

 そこで、栃木市では、市内の被害状況を把握し、クビアカ被害の拡大をStopさせるため、市民の皆様からのクビアカの情報を募集します。

 情報提供いただいた方の中から抽選で、とち介缶バッジを差し上げます。 

情報提供の提供方法等について

 クビアカツヤカミキリの成虫・フラス(幼虫のフンと木くずがまざったもの)発見したら、発見場所・状況等を、Eメール・FAX等で環境課等に報告してください。

なお、特定外来生物は、飼育や生きたままの運搬が禁じられているため、写真撮影後は可能な限り捕殺してください。

1.対象者

小学生以上の市内在住の方、または通勤・通学先が栃木市内にある方

2.情報収集期間

 令和元年7月31日(水曜日)から9月30日(月曜日)まで

3.情報提供対象木

 市内に生えているすべてのバラ科の樹木(サクラ、モモ、モモハナ、ウメ、アンズ、プラム等)

4.報告方法

 電子メール、電話、郵便、FAX

 次の6項目について、いずれかの方法でご報告ください。

  1. 発見年月日
  2. 発見者氏名
  3. 連絡先 住所、電話番号(自宅、携帯)、メルアド
  4. 発見場所 栃木市○○町1234   ○○公園
  5. 発見したもの クビアカツヤカミキリの成虫、成虫の死がい、フラス(幼虫のフンと木くずがまざったもの)のどれか
  6. 発見した数   例:1匹(箇所)を発見した
  7. 発見状況    例:○○通りの○○の木の下のほうに成虫が1匹確認した。(駆除できた、またはできなかった。)

クビアカ確認のポイント

成虫の確認

栃木県チラシから クビアカツヤカミキリ雌雄左がオス、右がメス

全長:2~4センチ

真っ赤なクビ(胸部)

クビ(胸部)は、ソロバンのコマのような形

つやつやした黒い体

 

<写真:栃木県提供>

 

 

フラス(クビアカの幼虫が排出する木くずと糞が混ざったもの)の確認

栃木市 クビアカ 被害木1県チラシ クビアカ フラス1(うどん状のフラスを排出)

 

 

 

 

 

 

 

県チラシ クビアカ フラス2(地上に落下したフラス)

 

 

 

 

 

 

 フラスは、幹からうどん状に排出され、株元に積もっています。

 排出されたばかりは明るいオレンジ色で、時間が経過すると少し茶色に変色します。

 樹液が含まれているので、乾くとかりんとうのように固まります。

<写真:栃木県提供>

樹木等確認の際の注意

個人が所有する敷地に入ってはいけません。※他人の敷地に無断で入らないでください。

河川や山林など危険を伴う箇所には、近づいてはいけません。

樹木の様子を見る際には、交通事故などには十分注意してください。

他の危険な生き物がいたら近づかないようにしてください。

クビアカは特定外来種のため、可能な限り早くに駆除してください。運搬・飼育などは禁止されています。

 

おすすめコンテンツ