ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境課 > 巴波川流入支川の水質調査を実施しました。

巴波川流入支川の水質調査を実施しました。

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

12月に、栃木の街を通る巴波川へ流れ入る支川の水質調査を行いました。
きれいな川、きれいな街を保つことが出来るよう、引き続きご協力お願いいたします。

調査項目等の意味

  • ph:水素イオン指数。物質の酸性、アルカリ性の度合いを示します。1~14の中で指数が低いと酸性、高いとアルカリ性を示します。
  • Bod:生物化学的酸素要求量。好気性微生物が一定時間中に水中の有機物(汚物)を酸化・分解する際に消費する溶存酸素の量です。数値が高いほど、水が汚れていることを示します。
  • Ss:浮遊物質量。水中に浮遊する粒径2mm以下の不溶解性物質の濃度です。数値が大きいほど、水の濁りが多いことを示します。
  • 流量:1時間あたりの水の流れる量を示します。
  • N.D.:検出できなかったことを示します。 

巴波川水質

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ