ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康増進課(栃木保健福祉センター内) > 熱中症を予防して元気な夏を!

熱中症を予防して元気な夏を!

印刷 大きく印刷 更新日:2019年6月5日更新
<外部リンク>

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、次第に体の中の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもってしまう状態のことです。栃木市でも毎年多くの人が熱中症により救急搬送されており、場合によっては死亡することもあります。

屋外だけでなく、室内で何もしていない時に発症する危険があるので、注意が必要です。熱中症に対する正しい知識を身につけ、暑さに対する工夫をして、熱中症を予防しましょう。

 

 

環境省 熱中症予防情報サイトはこちらをクリック<外部リンク>

 

 

〇熱中症の分類と対処方法

 

重症度

症状

対処

医療機関への受診

軽度

・めまい

・たちくらみ

・手足のしびれ

 

・涼しい場所へ移動

・安静

・水分・塩分補給

・体を冷やす

 

・症状が改善すれば受診の必要なし

中度

・頭痛

・吐き気

・体がだるい

・集中力・判断力の低下

・口から飲めない場合や、症状の改善が見られない場合は受診が必要

 

重度

・体が熱い

・返事がおかしい

・手足のけいれん

・運動障がい

・涼しい場所へ移動

・安静にして体を冷やす

・急いで救急車を要請

 

*これはあくまでも目安なので、体調を崩したら無理はせずに早めの病院受診を心掛けましょう。

*体を冷やすときは、首筋・脇の下・太腿の付け根に氷のうや濡れタオルをあてましょう。

 

 

【暑さから身を守る3つの工夫】

 

1.室内の工夫

・室温:25~28度、湿度55~65% くらいに調整しましょう。

 扇風機とエアコンを併用することで節電効果があり、除湿もできます。

・すだれ、遮光カーテンの利用

 直射日光を避けて、室温が上昇するのを防ぎましょう。

 

2.外出時の工夫

・日傘や帽子を着用しましょう。

・日陰での休憩をこまめにとりましょう。

・のどが渇く前に水分を摂取しましょう。

 

3.衣服の工夫

・通気性がよく、速乾性に優れた素材を選びましょう。

・衣服の着方

 風通しをよくするために、ゆったりとした服を着用しましょう。

・衣服の色

炎天下の下では熱を吸収しやすい黒色系の服を避け、白色系の衣服を選びましょう。

おすすめコンテンツ