ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 感染症・特定疾患 > ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)の予防接種における注意事項

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)の予防接種における注意事項

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

ワクチン接種について

 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)の予防接種は、平成25年度から予防接種法に基づく定期接種となりました。

 しかし、平成25年6月14日に開催された第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、定期接種を積極的に勧奨するべきではないとされ、厚生労働省は直ちに全国の市町村に通知しました。

 これは、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が本ワクチンの接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないというものです。

子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A(厚生労働省のページへリンク)<外部リンク>

 厚生労働省では、下記相談窓口を設置し、子宮頸がん予防ワクチンの接種についての相談に応じています。

 【感染症・予防接種相談窓口(厚生労働省のページへリンク)】<外部リンク>

 受付時間 月曜日から金曜日 午前9時から午後5時
 (土日祝日、年末年始を除く)

 ※この相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間業者によって運営されています。

接種を検討・希望される方へ

 ヒトパピローマウイルス感染症予防ワクチン接種は、予防接種法に基づく定期接種としては中止されていませんので、希望する方は接種を受けることができますが、ワクチンの有効性と副反応のリスクをご理解のうえ、予防接種を受けてください。

ワクチン接種に関するリーフレット

 なお、ワクチン接種だけで子宮頸がんの発症を100%予防することはできませんので、20歳以降は定期的に子宮頸がん検診を受け、がんを早期発見することが大切です。

ワクチン接種後に生じた症状の診察について

 平成26年11月21日から厚生労働省ホームページに「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について(厚生労働省のページへリンク<外部リンク><外部リンク>」が公表されました。

 ワクチン接種後に、気になる症状が出た時は、まずは接種医療機関など地域の医療機関を受診していただくようお願いします。

 選定された協力医療機関及び地域の医療機関の医師等に対し、より身近な地域において適切な診療を提供するために、専門の医師等による研修を順次実施していく予定となっています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ