ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農業振興課 > 認定農業者になるには(認定農業者制度)

認定農業者になるには(認定農業者制度)

印刷 大きく印刷 更新日:2019年1月18日更新
<外部リンク>

認定農業者になるには

 認定農業者を志向する農業者は、現在の農業経営と5年後の農業経営の目標、
目標を達成するための方法などを記入した「農業経営改善計画」を作成し、農業振興課
または各産業振興課へ提出していただくことになります。
 その計画が、市の基本構想に沿った計画かどうか、市・農業委員会・農業協同組合・
下都賀農業振興事務所などの関係機関が構成する「栃木市農業経営改善計画審査会」
において審査し、適当であれば5年間の有効期限を付して認定農業者として認定いたします。
 大規模な農業経営だけでなく、施設や複合経営等で面積が小さくても
「年間農業所得580万円・年間労働時間2,000時間」を目標とする農業者であれば、
認定農業者になることができます。

☆認定までのスケジュール

申請締切日 指導会 審査会 認定日
3月末(閉庁日除く) 4月中下旬 5月下旬 6月1日
6月末(閉庁日除く) 7月中下旬 8下旬 9月1日
9月末(閉庁日除く) 10月中下旬 11月下旬 12月1日
12月末(閉庁日除く) 1月下旬 2月下旬 3月1日

※認定農業者は、個人だけではなく、共同、法人として申請することもできます。
 ただし、共同申請の場合は、家族経営協定を締結していることが条件となります。
 また、農業経営改善計画を変更する方、認定後5年を経過した方は、新たな経営改善計画を
 提出し、市の基本構想に計画が適合すれば再認定が受けられます。

※一つの農業経営改善計画で、複数の市町へ申請することができます。
 詳細につきましては、担当係へお問合せください。

※市の基本構想 栃木市農業経営基盤強化促進基本構想 [PDFファイル/724KB]

☆申請書様式

栃木市農業経営改善計画申請書(個人・共同・法人) (新規及び再認定) [Excelファイル/82KB]
栃木市農業経営改善計画申請書(個人・共同・法人) (変更) [Excelファイル/90KB]
個人情報に関する同意書 [Wordファイル/36KB]
農業経営改善計画認定辞退届 [Wordファイル/34KB]
農業経営改善計画認定申請書作成の手引き(2018.5月作成) [PDFファイル/3.78MB]

 

★申請書の提出先
経営地域 提出先
栃木 農業振興課 農政係 0282-21-2382
大平 大平産業振興課 農林振興係 0282-43-9212
藤岡 藤岡産業振興課 農林振興係 0282-62-0906
都賀 都賀産業振興課 農林振興係 0282-29-1104
西方 西方産業振興課 農林振興係 0282-92-0313
岩舟 岩舟産業振興課 農林振興係 0282-55-7764

認定農業者になると・・・

 認定農業者になると、地域の担い手として位置づけられ、意欲ある農業経営者として地域からの信頼が得られます。
また、認定農業者でなければ受けられない支援制度をはじめ、様々な各種支援を受けることができます。

 ・主な支援措置
  認定農業者支援措置一覧(H30.4現在) [PDFファイル/153KB]

認定農業者としての自覚をもちましょう

 上記のような支援措置を受けることから、認定農業者としての自覚をもつことが大切です。
毎年、新たな農業経営指標に基づく自己チェックを毎年行い、その結果を少なくとも認定期間の中間年(3年目)
及び最終年(5年目)に市へ提出することになっています。
 詳細については、農林水産省が提供している経営改善実践システム<外部リンク>をご覧ください。
市では、毎年1月下旬頃に対象の認定農業者あてに、自己チェックの結果を提出するよう依頼をしています。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ