ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 生涯学習・文化・スポーツ > 生涯学習・文化・スポーツ > 7月は「青少年の非行・被害防止全国強調月間」

7月は「青少年の非行・被害防止全国強調月間」

印刷 大きく印刷 更新日:2020年6月30日更新
<外部リンク>

 内閣府は毎年7月を「青少年の非行・被害防止全国強調月間」と定め、国・県・市町村が地域民間団体等と連携しながら非行・被害防止活動を展開しています。  市では、期間中に有害環境浄化活動として店舗の立入調査や街頭補導等を実施します。

 ◎最重要課題:SNS利用に係る子供の性被害の防止

  • 重点課題1 :有害環境への適切な対応
  • 重点課題2 :薬物乱用対策の推進
  • 重点課題3 :不良行為及び初発型非行(犯罪)等の防止
  • 重点課題4 :再非行(犯罪)の防止
  • 重点課題5 :いじめ・暴力行為等の問題行動への対応

 ※詳細は、下記の内閣府のホームページをご覧ください。                          「https://www8.cao.go.jp/youth/kankyou/hikouhigai/gekkan.html」

◎青少年健全育成のために

 青少年は地域社会で育ちます。地域社会の一員として、共助の精神で明るい地域を作りましょう。
 青少年の問題行動は、大人にも責任があります。みんなが「交通ルールを守る」などの規範意識を持ち、子どもたちに社会人としての手本を示すことが大切です。
 また、青少年を健やかに育むには、家族団らんの場としての家族が果たす役割が大きく、親は常に子を導くよう努めることも大切です。

◎家庭の日

 県は、家族のきずなを大切にするために毎月第3日曜日をふれあい育む「家庭の日」と定めています。
 家庭の日には、市や県有施設では子ども料金の無料化なども行われていますので、家族でお出かけになってみてはいかがでしょうか。

◎青少年に関する相談は気軽にお電話ください。

【非行問題・不登校など】
 直接または電話で青少年育成センター(Tel23-6566)へご相談ください。
【いじめ相談電話】
 専用電話Tel24-0667

☆共通事項
◆相談日 毎週月~金曜日
◆時間 9時~17時
◆問合先 青少年育成センター(Tel23-6566)
※時間外は留守番電話

____________________________________________

◎とちぎの子ども育成憲章が制定されています。

 時代を担うとちぎの子どもたちが、夢や希望を持ち、心豊かでたくましく成長するためには、親はもとより周囲の大人が責任と自覚を持って子どもの成長に関わっていく必要があります。そこで県では、子どもを健全に育てていく基本となるよう「とちぎの子ども育成憲章」を制定しています。詳しくは下記の県人権・青少年男女参画課のホームページをご参照ください。「http://www.pref.tochigi.lg.jp/c07/life/seishounen/seishounen/kodomokensho.html<外部リンク>

おすすめコンテンツ