ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 地域づくり推進課 > 市民活動推進事業“とちぎ夢ファーレ”

市民活動推進事業“とちぎ夢ファーレ”

印刷 大きく印刷 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

とちぎ夢ファーレの成り立ち

 栃木市では、市民の皆さまと共に考え協働により築きあげるまちづくりを進めています。
 愛称である“とちぎ夢ファーレ”の「ファーレ」とは、イタリア語で「創造する」という意味です。
 この事業は、市民・企業の皆さまからの寄付金やふるさと応援寄付金を原資として設置した『市民協働まちづくりファンド』を活用し、主体的・公益的な市民活動を応援するものです。活動をはじめようとするきっかけづくりや、新規事業や事業拡大の促進など、団体の自立化と活発化を推進することを目的としています。
 補助金の交付は、厳正な審査を経て行っています。

寄附者のご紹介(過去3年度分)

  “とちぎ夢ファーレ”は市民の皆さまに支えられています。
  寄附をとおして市民活動に参加・支援をいただいた皆さまをご紹介します。
  大変ありがとうございました。

平成30年度

市民協働まちづくりファンドへのご寄附

  • 栃木アンカー工業株式会社 様
  • 株式会社 丸和住宅 外1件 様
  • クリエイティブメロー 様
  • 有限会社 宮崎商店 様
  • 栃木高校第80回卒業生同窓会 様

寄付金合計 682,039 円

ふるさと応援寄附によるご寄附

寄付金合計 744,000 円

※主に、栃木市ふるさと応援寄付金にご支援をいただいた中で、『市民活動で栃木づくり事業』のコースをご指定していただいたものです。

平成30年度合計金額 1,426,039 円

平成29年度

市民協働まちづくりファンドへのご寄附

  • 株式会社 丸和住宅 外1件 様
  • クリエイティブメロー 様
  • 有限会社 宮崎商店 様

寄附金合計 200,281 円

ふるさと応援寄附によるご寄附

 寄附金合計 1,851,200 円

※主に、栃木市ふるさと応援寄付金にご支援をいただいた中で、『市民活動で栃木づくり事業』のコースをご指定していただいたものです。

平成29年度合計金額 2,051,481 円

平成28年度

市民協働まちづくりファンドへのご寄附

  • 株式会社 丸和住宅 外1件 様
  • クリエイティブメロー 様
  • 栃木アンカー工業株式会社 様
  • 株式会社 丸和住宅 様
  • NPO法人みかも供の会 様

寄附金合計 984,360 円

ふるさと応援寄附によるご寄附

寄附金合計 890,500 円

※主に、栃木市ふるさと応援寄付金にご支援をいただいた中で、『市民活動で栃木づくり事業』のコースをご指定していただいたものです。

平成28年度合計金額 1,874,860 円

 

※なお、ふるさと応援寄附により市民活動に寄付をいただいた方については、ふるさと応援寄附のページでもご紹介しております。

とちぎ夢ファーレ事業の流れ

1月初旬~2月上旬 応募受付

2月中旬 一次審査会(書類審査)

3月中旬 二次審査(プレゼンテーション)及び二次審査会

4月初旬 交付決定

  ↕ 各団体において事業実施

翌年3月 事業終了

4月末迄 事業報告及び精算

6月中旬 事業実績報告会開催

※詳細な日程はホームページまたは広報紙で順次お知らせします。審査は栃木市市民活動推進事業審査員会により行われます。

 二次審査(プレゼンテーション)と事業実績報告会は一般の方にも公開して開催されます。

とちぎ夢ファーレ補助の種類・内容

Aコース:スタートアップ補助

 対象事業 新規事業若しくは新規事業を起こすための準備または新規の地域コミュニティ活動

 補助割合 補助対象経費の10分の10以内(100%)

 補助限度額 5万円ま

 補助回数  1回

   ※次の年からBまたはCコースにステップアップすることができます。

Bコース:ステップアップ補助

 対象事業 既存団体の新規事業または既存事業の充実若しくは拡大

 補助割合 補助対象経費の4分の3以内

 補助限度額 10万円まで

 補助回数 A~C通算で5回限り

 ※Bコース利用においての3年目以降は、補助割合が補助対象経費の2分の1以内 になります。

Cコース:ジャンプアップ補助

 対象事業 市内の広域的な地域の活性化につながる複数回実施する事業または複合的に行う事業

 補助割合  補助対象経費の3分の2以内

 補助限度額 30万円まで

 補助回数 A~C通算で5回限り

  ※Cコース利用においての3年目以降は、補助割合が補助対象経費の2分の1以内 になります。

Dコース:まちづくりパワーアップ補助

 対象事業 市全体の活性化につながる事業または合併前の市町間を超え、相互に交流及び連携を図る事業

 補助割合 補助対象経費の3分の2以内

 補助限度額 50万円まで

 補助回数  3回限り

平成31年度 とちぎ夢ファーレ交付団体名および対象事業名(32事業)

 団体名、[活動タイトル]、〈代表者名(敬称略)〉

平成31年度のとちぎ夢ファーレ補助対象事業は、下記の32事業となりました。 

Aコース スタートアップ補助 (11団体)

  1. 合戦場の知名度を全国的にする会 [合戦場の知名度を全国区にする会] 
  2. そばうち亭会 [そばうってみ亭会!?] 
  3. 傾聴ボランティア「ひだまり」 [傾聴ボランティア活動] 
  4. 栃木市ホームタウン協議会設立を目指す会 [地元クラブ(モランゴ栃木)と連携した、ウォーキングサッカーを通した『生涯スポーツ』の推進等] 
  5. 栃木おとなり会 [みんなの図書室「すいようぶんこ」] 
  6. 栃木工業高等学校写真部 [高校生によるふるさと写真展] 
  7. ひだまり [地域のあったか居場所づくり] 
  8. 栃木県立栃木農業高等学校 [新しい時代の道普請~市民参加型のインフラ整備~] 
  9. こころの栄養(とちぎおもちゃ図書館) [おもちゃの維持管理事業] 
  10. 栃工高スカイベリージャムチーム [スカイベリージャムレシピ活動] 
  11. サッカー教室プロジェクト推進委員会 [サッカーを通してスポーツの楽しさを広める] 

Bコース ステップアップ補助 (13団体) 

  1. 手話を広める会 [栃木市奉仕員養成講座修了者対象ステップアップ講座] 
  2. 傾聴ボランティア”ほのぼの” [高齢者施設への傾聴ボランティア訪問で高齢者の元気UP支援] 
  3. とちぎの山車祭り伝承会 [蔵の街から、お囃子が聞こえるまちづくり] 
  4. シニアサロン「今日も行く会」  [今日も生き生き脳活性化・健康づくりの高齢者] 
  5. 幸来橋の会 [蔵の街ブルーライトアップ 自閉症啓発活動] 
  6. デモクラティックスクールつながるひろば [地域も学び場(「学校」)”「不登校」0のまちづくり”] 
  7. 田中一村記念会 [田中一村の父「彌吉」を中心とした、栃木における田中家の実像を調査し、これを冊子として残す。] 
  8. 清水登之顕彰会 [第3回 清水登之絵画コンクール] 
  9. 劇団みなみ [笑いと元気をお届けする] 
  10. 中根絆会 [各種イベントの実施により地域の活性化・及び安心安全な町づくり事業]
  11. とちぎ煌 祭り会 [参加のしやすい環境づくりが、担い手不足の祭りの継承と地域交流に活性化を齎す。]
  12. ネットワークとちぎ [蔵プロジェクト~蔵のまち ショーウインド~]
  13. とちぎ高校生蔵部 [栃木市高校生合同文化祭]

Cコース ジャンプアップ補助 (7団体)

  1. 田村律之助顕彰会 [‐田中律之介BEER&「麦処とちぎ」発信プロジェクト‐]
  2. Teamとち介っ人 [魅力up栃木祭 ~笑顔が繋ぐDream road~(仮)] 
  3. 栃木市ラグビー普及促進プロジェクト [ラグビーW杯日本開催を機にラグビーで栃木市を元気に!] 
  4. 栃木市女子ソフトボール大会実行委員会 [栃木市女子ソフトボール大会]
  5. P.S.G活動団体 [そらのこ] 
  6. 谷中村の遺跡を守る会 [谷中村事件の世界への発信の準備] 
  7. とちぎ娘町推進協議会 [蔵の街ゆかたコンテスト] 

Dコース まちづくりパワーアップ補助 (1団体) 

  1. 栃木どろんこバレー大会実行委員会 [遊休農地を活用して、どろんこの中でバレー大会] 

関連書類

クリックするとダウンロードできます。

  応募時に用いるもの

  補助金申請時に用いるもの(応募後、審査を経て認められた団体で必要になります)

  中間報告時に用いるもの(補助開始から4か月毎に提出する必要があります)
  ※事業がすでに完了し、最終報告を行っている場合には、必要ありません

  事業内容を変更したい場合に用いるもの
  ※(申請し、内容が認められない場合、補助金の用途変更はできません)

  事業終了後(最終報告時)に用いるもの

  事業の案内(チラシ・パンフ等)に関して

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ