ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

教育長からのメッセージ

印刷 大きく印刷 更新日:2021年4月7日更新
<外部リンク>

 小中学生のみなさん、こんにちは

 春の光に誘われて、草木が一斉に美しい花々を咲かせています。そんな中、いよいよ令和3年度がスタートしました。中学校では8日、小学校では9日に入学式が行われます。この日を今か今かと心待ちにしていた新入生のみなさん、おめでとうございます。これから始まる新しい学校生活を想像し、さぞわくわくしていることでしょう。どうか、友だちや上級生、先生方との出会いを大切にしながら、たくさん学び、思い切り体を動かし、多くのことを経験し…それぞれのペースで、心と体と頭の力を伸ばしていってほしいと願います。

 人は、100人いれば100通りの個性があります。みんなちがうからおもしろいのです。楽しいのです。人と比べる必要はありません。「自分らしさ」と「お友だちらしさ」を尊重しながら、それぞれの「らしさ」を輝かせ合えたなら、こんなに素敵なことはありません。新入生のみなさんと、この春進級を迎える全ての児童生徒のみなさんに、心からお祝いとエールを送ります。

 さて、保護者の皆様、日頃より本市教育へのご理解とご協力を賜り、ありがとうございます。周知の通り、本年4月から全国的に「GIGA(ギガ)スクール構想」がスタートします。本市でも昨年度末までに、各小中学校への校内通信ネットワークの整備と、全ての児童生徒および教職員分のタブレット端末の配備が終了したところです。タブレットの使用に当たっては、子どもたちが徐々に慣れていけるよう、学校において段階を踏んで指導してまいります。ご家庭への持ち帰りについては、フィルタリングソフトの導入が整った後にと考えております。

 今後、タブレット使用に関する約束事やルール等について、保護者の皆様のご理解とご協力をお願いしてまいることになります。まだまだコロナ禍の出口が見えない中、教育委員会といたしましては、いかなる状況下でも子どもたちの学びを止めないためにも、タブレットの有効活用と安心安全の担保に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

       令和3年4月7日

栃木市教育長  青木 千津子

 

予防・相談・受診
栃木県の対応・方針など