ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

教育長からのメッセージ

印刷 大きく印刷 更新日:2021年8月31日更新
<外部リンク>

 小中学生のみなさん、こんにちは。

 夏休みも今日が最終日。明日から新学期が始まります。本来なら、久しぶりに友だちと再会して心おきなく夏の思い出を語り合ったり、みんなで賑やかにはしゃいだりできる日であるはずですが、残念ながら全国的に、そして本市のコロナウイルス感染状況に改善が見られず、各学校に緊急事態宣言発令下における次のような対応をお願いすることとなりました。

 まず、9月1日から3日まで、校内での人と人との接触の時間を短くしたり、下校後の先生方による消毒作業の時間を十分に確保するため、午前中授業とします。併せて、食事中に感染が広がることが多いとの現況をふまえて、給食は無しとします。

 また、この3日間をつかって、1学期に配られたタブレットを利用して自宅学習ができるようになるための準備を進めていただきます。

 みなさんには、1学期中は「少しずつタブレットに慣れる」という観点から、併せて、ビデオ会議システムの機能やフィルタリングソフト等の整備が夏休みいっぱいかかることから、自宅への持ち帰りは2学期から段階的に行う、としていました。しかし、昨今のコロナウイルス感染拡大の状況を受け、いつ休校となっても学びを止めないで済むよう、当初2週間程度で行う予定であったオンライン授業等に関するプログラムから内容を精選し、この期間に集中して実施していただくこととしました。

 もちろん、3日間で完璧にできるようにするということではありません。いざ始めて見ると、予想していなかったつまずきや不具合も出てくるかも知れません。それらを、一つ一つクリアしながら、少しでも早くタブレットを活用した自宅学習に慣れてほしいと願っています。先生たちも全力で頑張っています。みなさんの前向きな姿を期待します。

 保護者の皆様、日頃より大変お世話になっております。2学期を迎えるにに当たり、お子さま方の健康面に関して少なからずご心配をさていることと拝察いたします。教育委員会といたしましては、子どもたちの安心安全と学習機会の確保の両立を図るため、先のような方針を固め、各校にお願いしたところです。何とぞご理解とご協力をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 また、コロナウイルスの変異株への置き換わりが進み、これまでは比較的感染しにくかった若年層にも感染が広がっているとの現況に鑑み、引き続きご家庭内での感染対策に努めていただくとともに、お子さまやご家族の体調に普段とは異なる変調が見られた場合には、お子さまの登校を控えさせていただきますよう、くれぐれもよろしくお願いいたします。

 学校での感染拡大を招かないためには、ご家庭のご理解とご協力が欠かせません。重ねてよろしくお願い申し上げます。なお、9月6日以降の対応につきましては、感染状況を見極めつつ、決定次第学校を通じてご連絡いたします。 

     令和3年8月31日

栃木市教育長 青木 千津子