ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 妊娠・出産 > > 新生児聴覚検査

新生児聴覚検査

印刷 大きく印刷 更新日:2022年4月1日更新
<外部リンク>

栃木市では、子育て支援の一環として、新生児聴覚検査の費用を一部助成しています。

新生児聴覚検査を必ず受けましょう

 新生児聴覚検査は、赤ちゃんが生まれてすぐに行う耳の聞こえの検査です。
 生まれつきの難聴は、早く発見し適切な治療や支援を受けることで、お子さんのことばやこころの成長が育まれます。
 検査は産院等でできますので、必ず受けましょう。

対象

 生後3か月までに新生児聴覚検査を受診した新生児の保護者で、検査日において栃木市内に住所を有する方

助成金額

 新生児聴覚検査の初回検査と確認検査の費用あわせて5,000円(上限)を助成

助成方法

 母子健康手帳の交付の際に新生児聴覚検査受診票(妊産婦健康診査受診票と同冊子)をお渡しいたします。対象者1人につき1回限りご利用できます。検査時に医療機関へ、母子健康手帳とともに提出してください。
 なお、助成金額の上限を超えた場合の差額は自己負担になり、未使用の受診票の払い戻しや他人への譲渡はできません。

 ※里帰り等で栃木県外の医療機関で受診する方は、扶助費の申請にて助成いたします。
  新生児聴覚検査扶助費の申請について [PDFファイル/73KB]

 ※ご不明な点は下記までご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)