ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て・教育 > 保育園給食(食材)の放射性物質検査結果

保育園給食(食材)の放射性物質検査結果

印刷 大きく印刷 更新日:2019年9月26日更新
<外部リンク>

市では、安全で安心な給食提供のために、保育園給食で使用する調理前の食材を対象に、放射性物質検出検査を実施しました。検査結果は以下のとおりです。

※平成30年度までは調理後の給食を検査対象としていましたが、これまで放射性物質の検出が確認されたことはありませんでした。よって今後は調理前の食材(1kg分)を検査対象とします。

放射性物質の検査結果

平成31年4月・令和元年度

平成31年度4月測定分 [PDFファイル/99KB]

令和元年度5月測定分 [PDFファイル/102KB]

・令和元年度6月測定分 [PDFファイル/117KB]

・令和元度7月測定分 [PDFファイル/102KB]

令和元年度8月測定分 [PDFファイル/104KB]

令和元年度9月測定分 [PDFファイル/121KB]

食材の放射性物質基準値:100Bq/kg食品中の放射性物質の新たな基準値 [PDFファイル/457KB]

※「不検出」とは、計測機器の測定下限値未満を示しています。

過去の検査結果

今までの検査結果はこちらをご覧ください。

過去の検査結果

平成30年度

平成29年度

検査方法

  • 検査機器:Emf211型ガンマ線スペクトロメータ(Nai(Tl)シンチレーション検出器スペクトロメータ)
  • 計測時間:1検体あたり15分間
  • 検査容量:1検体あたり約900ml
  • 測定下限値:15分間測定、900mlポリ容器使用(密度1.00g/立方センチメートル)の場合Cs-137 6.4Bq/kg、Cs-134 8.5Bq/kg
    ※密度が低いと測定下限値は増加する。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)