ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て・教育 > 未熟児養育医療制度

未熟児養育医療制度

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

未熟児養育医療制度

赤ちゃんのイラスト赤ちゃんの出生体重が2000g以下または身体機能が未熟のまま生まれた場合、指定医療機関で医療給付が受けられます。

対象

 栃木市に住所があり、医師が入院養育を必要と認めた1歳未満の未熟児

必要書類

  1. 養育医療給付申請書(様式第3号)
  2. 養育医療意見書(様式第4号)※医療機関の主治医が記入
  3. 世帯調書(様式第5号)
  4. お子様の健康保険証(保険証ができていない場合は、加入予定の保護者の保険証。後日お子様の保険証のコピーをご提出ください。)
  5. 印鑑

前年1月1日以後に転入した方

6.所得税額を証明する書類
 源泉徴収票または納税証明書
 (7月以降の申請は今年分、それ以前は前年分のもの。)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)