ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 子育ての手当・助成 > > 1か月児健康診査

1か月児健康診査

印刷 大きく印刷 更新日:2024年6月19日更新
<外部リンク>

「1か月児健康診査」の費用を助成します

お子さんの疾病の早期発見、早期治療および健康増進を目指し、子育て家庭を支援することを目的として、出生後に行われる1か月児健康診査にかかる費用の助成を実施します。

1か月児健康診査チラシはこちら [PDFファイル/176KB]

対象児

受診時に栃木市に住所があり、令和6年4月1日以降に生まれたとち介81白衣

出生後27日から生後6週未満の乳児

 

助成金額(上限額)

お子さん一人につき5,000円

※公費負担上限額を超えた分は自己負担となります。

助成方法

(1)令和6年4月1日~令和6年6月30日生まれのお子さん

別途申請が必要になるため、該当される方には順次ご案内を送付します。
※健診にかかった費用が分かるものが必要になりますので、申請まで保管をお願いします。

(2)令和6年7月1日生まれ以降のお子さん

出生後、お誕生連絡票提出時に受診票を交付しますので、1か月児健康診査受診時に医療機関へ受診票をご提出ください。
※各総合支所でお誕生連絡票を提出された場合は、後日郵送にてお送りします。

 転入・転出された場合の申請手続きについて

〇他市町村に転出された場合

転出日以降に栃木市の受診票を使用することはできません。転出先の市町村にご確認ください。

・受診後すぐに転出された場合は、栃木市での助成となります。

〇他市町村より転入される場合

栃木市に転入された方で、他市の受診券がお手元にある場合は、栃木市の受診票と交換いたします。

・1か月児健診を受診する前に下記問合せ先にご連絡ください。

※転入、転出に関してご不明点のある方は下記問い合せ先までご相談ください。

県外で受診された方へ

里帰り等で栃木県外の医療機関で受診する際は、扶助費の申請にて助成します。

扶助費の申請方法

1 申請に必要なもの

・申請書【1か月児健康診査扶助費支給申請書 [PDFファイル/80KB]

・栃木市1か月児健康診査受診票

・母子健康手帳(1か月児健康診査の受診日や受診結果が記入されているページ)の写し

・1か月児健康診査の領収書の写しまたは診療明細書の原本または写し

・通帳(保護者様名義のもの)の口座情報が記載されたページの写し

2 申請窓口

・こども家庭センターおやこはぐくみ係(栃木保健福祉センター2階)

・母子手帳交付窓口(栃木市役所本庁舎2階)

3 申請期限

受診日から1年以内

※申請期限を過ぎたものは助成対象となりませんのでご注意ください。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)