ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > クリーン推進課 > 指定ごみ袋の品薄に伴うごみの出し方について

指定ごみ袋の品薄に伴うごみの出し方について

印刷 大きく印刷 更新日:2022年4月26日更新
<外部リンク>

『指定ごみ袋』を入手できなかった場合のごみの出し方のご案内【臨時措置】

 世界的なコンテナ不足や原油価格高騰等の、社会・経済情勢の影響を受け、栃木市指定ごみ袋の入荷が不安定となっており、一部店舗で欠品が生じる可能性があります。

 つきましては、安定的な供給が可能となるまでの間、各家庭のごみの排出方法について、通常の指定ごみ袋を使用する方法に加え、以下の方法も可能としますので、『指定ごみ袋』を入手できなかった場合のご参考としてください。

(1)透明の袋をご利用ください。
  (ペットボトル専用袋をもやすごみ用の袋としてご利用いただくことも可能です)

(2)袋の大きさは、もやすごみ,ペットボトル・食品用トレイは45リットルまで、
  空カン・空ビンは30リットルまでとしてください。

(3)『自治会名または町名』、『氏名』に加え、『ごみの種類※』も記載してください。
 ※ごみの種類:『もやすごみ』,『ペットボトル・食品用トレイ』,『空カン・空ビン』

(4)期間は、指定ごみ袋の不足が解消されるまでとします。


 引き続き、適正な分別にご協力をよろしくお願いします。

 

指定ごみ袋が購入できなかった場合のごみの出し方

おすすめコンテンツ