ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 栃木市総合計画<<後期基本計画>>

栃木市総合計画<<後期基本計画>>

印刷 大きく印刷 更新日:2018年10月22日更新
<外部リンク>

後期基本計画の概要

 栃木市の10年後の将来像を定めた栃木市総合計画基本構想[2013年度(平成25年度)から2022年度まで]の実現に向けた具体的な施策を体系的にまとめ、2018年度(平成30年度)から2022年度までの5年間を計画期間とする後期基本計画を策定するものです。

 後期基本計画は、以下に示す4つの基本的な視点を踏まえて内容を整理し、基本構想のまちづくりの体系に応じた基本施策・単位施策や指標を設定するとともに、この5年間で重点的に取り組むべき主要事業を明示しています。

  1. 基本構想における栃木市の将来像・まちづくりの体系の踏襲
  2. 「栃木市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の反映
  3. 前期基本計画の検証結果を踏まえた対応
  4. 栃木市マネジメントサイクル(行政評価システム)との連動

 引き続き、下記の将来都市像・キャッチフレーズを使用します。

将来都市像

shouraizou.jpg

 本市のまちづくりの基本姿勢として、住民アンケート調査の結果等を踏まえ、将来のシーズに配慮し、市民のまちづくりに関するキーワードや考え方を考慮した「基本構想の将来都市像」を設定し、市民と行政が一体となってまちづくりに取り組んでいくための目標として共有していきます。

キャッチフレーズ

kyatti.jpg

 基本構想が市民にとってより身近に感じられ、親しみのもてるものとなるよう、「基本構想の将来都市像」を分かり易く言い表し、市民が口ずさむことのできる合言葉として「基本構想のキャッチフレーズ」を設定しました。

パブリックコメントの実施結果について

 策定した後期基本計画案等について、市民の皆さんから広く意見を募るため、パブリックコメントを平成29年8月10日から9月8日まで実施いたしましたが、意見の提出はございませんでした。

栃木市総合計画≪後期基本計画≫(平成30年3月発行)

総合計画

栃木市総合計画書[全ページ][PDFファイル/7.81MB]

前期基本計画はこちらをご確認ください。

 栃木市総合計画《改訂版》

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ