ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保険医療課 > 国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まりました

国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まりました

印刷 大きく印刷 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

出産を行った際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料を免除する制度が、平成31年4月1日から始まりました。
この免除を受けた期間は国民年金保険料を納付した期間として扱われ、老齢基礎年金の受給額に反映されます。
保険料を既に納付している方や一般免除・学生納付特例制度を既に承認されている方も該当になりますので、対象の方は届出を行ってください。
制度のQ&A等は日本年金機構のホームページ<外部リンク>をご参照ください。

対象となる方

国民年金第1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の方

対象となる期間

免除される期間は出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間です。
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の保険料が免除されます。
例えば出産予定日または出産日が10月の場合は、免除期間は9月から12月の4か月分になります。
多胎妊娠の場合は、免除期間は7月から12月の6か月分になります。

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)

届出方法

出産予定日の6か月前から届出可能です。(出産後の届出も可)

届出に必要なもの

・年金手帳
・印鑑(認印も可)
・母子健康手帳等出産(予定)日がわかるもの
・届出される方の個人番号カード(マイナンバーカード)または通知カード
・窓口に来る方のご本人確認ができる書類(運転免許証、個人番号カード、在留カード等)
※死産等の場合は、事前に保険医療課までお問合わせください。

申請窓口

保険医療課(本庁舎)
各総合支所市民生活課

お問い合わせ先

栃木市役所 保険医療課 年金係
Tel:0282-21-2134、2135
栃木年金事務所<外部リンク>
〒328-8533 栃木県栃木市城内町1-2-12
Tel:0282-22-4131

おすすめコンテンツ